大力山

 

「大力山」は旧小出町の象徴的な山であった。
さほど標高が高くはないが、最高峰の「黒禿」への前衛の山でもあるし、
遊歩道になっている「板木城跡」への縦走路、中継点でもある。
数年前に頂上に立派な「東屋」ができた。
(所要時間:登り1時間、下り30分)

 


頂上より残雪の八海山を望む

 

登山道は干溝集落「宝泉寺」の入り口にあたりから始まる。
途中の神社までは幾体もの石仏が祀られている。
境内をぬけると急に視界が広がって頂上が見える。
しばらくは灌木帯の中や稜線を歩き、いい汗が噴き出る。
最後の階段状に切られた急坂を登りきってから
ゆったりとした灌木帯を抜けると東屋が見えて、そこが頂上だ。
   

 

       
頂上の東屋
 
 
灌木帯

 

       
一本杉と街並み