蕗の薹


   

 「ふきのとう」ほど早春のイメージを強くする山菜はありません。
 雪の降らない地域では冬が終わって気温が上昇すれば
 すぐにでも芽を出し始める「蕗の薹」ですが、
 ここ魚沼の里では雪が解け始める3月下旬頃から<
 日当たりの良い田圃のあぜ道や土手に顔をだします。
 雪と黒い土の狭間に黄色の丸い物が見えたらそれが
 「蕗の薹」の芽吹きです。

 最近では暖冬小雪のため、雪が一度降ってから
 暖かくなって雪が解けてしまったお正月の頃に
 芽を出してしまう気の早いのがたまに見受けられます。

 北海道は帯広の老舗「」ホワイトチョコレートの
 包装紙でおなじみのイラストがあまりにも有名ですが、
 ここではその開ききった芽(ほとんどそれは花です)は
 あまり食べずに、まだ開く前の幼芽を好んで食します。

 代表的なものは天ぷらですが、
 これは開いた花を大きく揚げるのが見た目は美しいのですが
 一口で食べられるくらいの幼芽のほうが歯ごたえ、香りとも
 絶妙なものです。

 次は刻んで味噌に和えたもの、これは地元では初物として
 好まれていますが、筆者はこれを杉板に塗って炭火で焼いたものを
 日本酒の肴にするのが好きです。

 あとは小粒なものを一度湯がいてから薄口の出汁醤油で
 煮浸しにしたものが評判がよく、冷凍保存しておきます。

 最近は刻んで醤油漬けにしたものが「お土産」用として
 瓶詰めで売られていますが、これは化学調味料がたっぷりの
 本来の味が失われていてお勧めできません。、
 やはり、採りたてを調理したものが香り高く
 ほろ苦さがなんともいえないものです。