岩魚


   

 魚野川に流れ込む支流の上流には必ずといって云いほど「イワナ」が生息する。
 「イワナ」は悪食といわれ大物は蛇や蛙なども食べてしまうというが
 一般的には水の綺麗な淵などで上流から流れてくる虫や木の枝から落ちた虫などを
 餌にしているのだ。   
 但しその餌を獲る絶好の場所は競争が激しくて大きなイワナの方が良い場所を獲得する、
 小さなイワナはその後方でお余りを狙っているのが現実らしい。

 知合いの翁はかつて山仕事の折に渓谷を埋め尽くすほど居た「イワナ」を素手で捕らえて
 「イワナ止めの滝」の上に放流するのを日常としていたと云っていた。
 当時は川のなかを歩いていると「イワナ」が足にぶっつかって歩き辛かったなどと
 やや眉唾的な話を囲炉裏端でお茶を飲みながら話していた。
 
 最近は養殖技術も確立されてきて、どこでもお目にかかるが、
 天然物の尺物を塩焼きしてからドンブリに入れて熱燗の日本酒を注ぐ、
 所謂「イワナの骨酒」が美味い。
 養殖といえばイワナの餌に「エビ」などを加えると肉が桜色になって
 いかにも「桜鱒」のような色合いになるらしい、「刺身」で食べたが美味かった。
 三枚におろした身と骨をそれぞれ唐揚げにしたものも珍味。
 銀山平で営業する知合いの宿で食べさせてくれる。