かぐら南蛮


   

 最初に見たときはどうしても「ピーマン」にしか見えなかった。
 ところが調理を始めたら果肉や種に触れた指先が痛くなってきた、
 強烈なカプサインの為だ。
 いろんな食べ方をしてみたのだが・・・・・
 所謂「茄子味噌」といって茄子と赤紫蘇と唐辛子を炒めて味噌で味付けをする。   
 新潟独特の夏の料理で食欲の無い暑い日にこれをご飯の上に載せて食べたら
 何杯でもお代わりをしたとか、よく聴く話だ。
 小生はもっぱら酒の肴にしていたが、そこに「かぐら南蛮」を使ったら
 その辛いことに驚いてしまった、でも美味い!。
 
 ピーマンはヘタの部分が丸くなっており「かぐら南蛮」は窪んでいるのが特徴。
 他の辛い唐辛子系と同じで種が特に辛いのであまり使わないほうが良いらしい。
 
 南魚沼市ではこれを使って加工食品(辛味たっぷりの麹ペースト)を販売始めたらしい。
 どうやら上越市の「かんずり」からヒントを得たものらしいがまだ食する機会がない。
 独特の果肉の甘味と辛さが細長い唐辛子系にない味わいである。
 
 完熟して赤くなったものを塩漬けにして数年寝かした物が冷蔵庫に眠っているが
 いずれ何かの調理の原料としてみたいと思っている。