手打ち蕎麦


   

 本来ならば魚沼は「蕎麦」がもっとその地位を高めても良いはずが
 その「手打ち蕎麦」を提供する店が「ラーメン店」に比べて非常に少ない。
 「蕎麦」はハレの食べ物であってケの食べ物でないからだろうか?
 それに比べると「ラーメン」は所詮ファーストフードでケの食べ物なのだろう。   
 
 地元の高原で採れた「地物蕎麦粉」や深山は「鷹の巣」で収穫された「蕎麦粉」で打たれたもの、
 新潟県でも一般的になったツルツルとした食感の「フノリ」を使った物、
 蕎麦が真っ黒になる山ゴボウの葉を使った物、
 濃厚な粘りの自然薯など「繋ぎ」に使ったものなどその「手打ち蕎麦」の種類は多い。
 もっとも何も入れない「十割蕎麦」を打つ店や個人もいたりして
 奥深い「蕎麦」の世界だ。
 
 蕎麦つゆも多様で「かつぶし」「鯖ブシ」「煮干」などが用いられる、
 甘いの、辛いのと薬味もそれぞれである。
 
 秋から冬にかけての新蕎麦が待ち遠しい昨今だ