ウルイ(オオバギボウシ)


   

 登山者が「コバイケソウ」と誤って食べてしまう話を聞きますが、
 生えている場所が違うはずだし、間違えようがないと思うのは
 筆者だけでしょうか。
 確かに幼芽が似ているといえば似ていますが・・・

 ウルイは渓谷の岩場とか急斜面の草付きで、水分が多い場所に育成します。
 ぜんまい採りのついでに採るくらいで、それ専門には出かけません。
 開くとかなり大きな葉になりますが幼芽は全体が葉巻のように巻かれています。
 葉も茎も食べられるので根本からバキバキと折採ります。
 全くクセのない山菜で、茹でてお浸しにするのがスタンダードでしょう。
 あとは酢味噌あえなどでも食べた事があります。
 人によっては噛んだ時にギシギシとした食感がイヤという人もいますが
 筆者はあの歯触りが好きです。
 感触はチンゲンサイをもっと柔らかくした感じです。

 時期になると地元のスーパーや土産店などでも
 売っていますので買って食べてみてください。
 春のお浸しに最適です。