自然薯(山芋)


   

 いわゆる自然薯を一本掘り出すには
 まずは山芋が充分に育った太い幹を見つける事。
 それが第一関門で、
 それからその周囲直径1mほどの穴を掘って
 じっくりと攻めていかないとイモを折ってしまう。
 これが第二関門でしょう。

 イモは木の根や大きな石を避けながら下に伸びているので
 曲がりくねっているから熟練を要します。
 また穴掘りの労力を減らす為に急斜面に生えているものしか
 ターゲットにしない人もいるほどですからいかに大変か。

 採取時期は晩秋から初冬、樹木の葉が全て落ちてから掘り出します
 太くて立派なイモを探すためにはまだ葉が付いている内に
 その場所を見つけて地面に自分だけが解る印を付けておくのが
 常識になっています。そうしないと蔓や葉が枯れた山芋の地下茎を
 見つけるのは至難の業であるからです。

 自然薯の調理方法は
 長いイモを折らぬようにまずヒゲ根をガスの火などで焼きます。
 皮を剥くのもいいのですがもったいないので
 そのまま擂り鉢の溝に擦ってゆきます。
 自然薯はアクが強いので途中で色が黒くなってゆきますが
 気にしません、どうせ出汁と混ぜたら同じですから。
 さてあまりの濃さに驚きますが大体10:1で
 出汁と薄めても十分なほどです。
 麦を混ぜた魚沼コシや玄米ご飯にかけたら何杯でも・・・。

 山芋には茎と葉の間に小芋が付きます(ムカゴ)
 これを採取して料理の材料にするのも筆者は好きです。
 ムカゴは触るとポロリと落ちるほどの脆さなので
 下にビニールシートや傘を逆さまにして採ります。
 そうすれば落ちたムカゴもセーフです。

 調理方法としては空炒りして荒塩をまぶしたり
 昆布、お醤油を少々入れて炊きあげる混ぜご飯にと。
 その小芋が地面に落ちて生長すれば立派な山芋になるのだから
 味はなかなかのものです。