ゼンマイの一本煮


   

 こちらに引っ越してきて驚いたことのひとつが「ゼンマイの一本煮」であった。
 ゼンマイそのものは生家がある下越でも食べたし
 首都圏の居酒屋やお惣菜売り場でも見掛けたが、どれも他の食材と炊き合わせである。
 ゼンマイそのものは国内産は手揉み100g(乾燥)が千円の相場だから
 外国産の水煮したものが原料だろう・・・。
  
 古い友人が「ゼンマイ採り」を生業にしているせいかその価格が妥当なものである事は理解している。
 ましてや「極太一本選り」などとラベルが張ってあったら100g二千円はする。
 そんなゼンマイを水に戻して切らないで一本をそのまま炊き上げた「一本煮」は
 「ハレ」の日の接待料理とか冠婚葬祭時の仕出し料理でしかお目にかからない。
 まず、この地方以外では見た事も無い。
 
 「ケ」では身欠キ鰊と一緒に炊き上げたり、我が家はコンニャク、油揚げなどを加えてする
 つまり他の食材で全体をボリュームアップしているわけだ。
 (最もそのほうがゼンマイの強烈な風味が分散されて食べ易い点もあるのだが)
 とにかく「ゼンマイの一本煮」に出会ったら喜んで味わってみるべきであろう。