春の淡雪?

イルカの「なごり雪」ならぬ「うらみ雪」とでも云ってもいいだろう。
1昨日の夕方から振り出した雪は一晩で20cm、昨日一日で20cmほど積もった。
この時期にしてはけっこうな粉雪だったりして寒気の低温さを感じる。
室内で咲いてその後ベランダで葉を付けはじめた梅は完全に雪の下になったので
かわいそうだから再び室内に退避、芽を伸ばし始めた「アイヌネギ」はもう一度
冬眠したかな?完全に雪の下になってまた冬の逆戻りだ。
これでスキー場の寿命は多少延びて山菜はもうしばらく惰眠をむさぼれる。
里山歩きの小生はまたカンジキを出さねばならないけど・・・。
例年の事を思えばまだ1m以上の雪が残っているのだから
風景としては見慣れたものだが、一度すっかり雪の溶けた田畑が
また真っ白になってしまったのでは「これから冬が来るのか」と思ってしまう。
まだ極地からの寒気の噴出しには威力があるのだし
5月の連休頃に山で猛吹雪に遭う事もあったわけで油断は大敵である。