月別アーカイブ: 2013年1月

大力山周回コース

この日の為に前日に須原の小屋の雪下ろしを終えたが
想像を絶する積雪だった。
それでも2時間の格闘で何とか終了したものの
体重は2k減っていた。
さて、数日前から好天が期待されていたから
心の準備はしていたが体調の回復が懸念される。
朝食後に軽く体操をしたら前日の疲れも回復していたようで
なんとか10時前には出発する。
水500CC、フルーツジュース300CC、バナナ1本、
カット・パイナップル若干、熱い日本茶500CC。
何時もに比べたらずいぶんと豪勢なザックの中身である。
駐車場には並びきれないほどの車の数、
晴れれば最高の山歩きができる絶好コースが浸透してきたのか・・・
今日は多目の汗をかく予想をして半袖のTシャツの上にフリースの
ベストを羽織っただけの軽装。(気温は2度です)
雪も堅くトレースもしっかりしているのでスノーシューは
ザックに括り付けてグイグイと飛ばす、調子は良さそうだ。
途中で先行者に追いついたらなんと「コバイモ」さんでした。
とりあえずパスしてマイペースで登り始めたが、前回と変わって
舟窪からは右の尾根にトレースが付いていた。

最後の急斜面をぬけると太陽が真正面に見える緩斜面が
休憩舎まで続く、目星にしている枯れた杉の梢は完全に姿を消した。

休憩舎には単独の女性が休んでおられ、談笑をしているうちに
「コバイモ」さんや後続の人たちが続々と到着。

双眼鏡で「クロハゲ」方面を覗くと稜線を歩く姿を捉えたし
目標としていた周回コース方面も2名の姿を発見。
ぐっしょりと濡れたシャツを着替えて周回コースにとりかかる。
「コバイモ」さんも同行することになって先行者のトレースを
たどり始めたが想像していたよりも安定した雪質で
ストレスを感じないで快適にスノーシューで歩く。

我等は城山トンネルの手前に出るコースを予定していたが、
先行者はどうやら板木城方面に向かったらしく
途中の尾根で先行者のトレ-スを離れてバージンスノーに飛び込む。

思った以上に堅く、先行したカンジキ跡を歩くよりは楽だ。
最後の土砂を削り取った現場は昨年よりも状態が悪く
新たな迂回コースを検討せねばいけない。
まずは何事も無く道路に出て歩き始めたら軽トラが停まった、
Y画伯がこれから八海山方面に写真撮影に出かけるのだと云う。
誘わずにごめんねと云って別れる。

雪・雪・雪

怒涛の3日間を乗り切った。
テラスの雪が金曜日の夕方に30cmだったから
除雪を翌日に延期したのが失敗!
翌朝は軽く1mを越えていて扉の1/3が埋まっている。
当然、車庫前には膝以上の積雪があって身動きがならず
丹念に時間をかけて消雪パイプからチョロチョロ出る水の所に
バラ撒くのが精一杯の作業だった。
体調不良で食欲が無く果物くらいしか食べていないから
すぐに疲れて作業は中断・・・・
マイナス気温の雪はスコップやスノーダンプにやたらと雪が張り付く、
作業は遅々として進まずに疲労困憊・・・・
テレビでは数年に一度の大寒波と云っているし、
天気図は好転しそうにない様子でますます困惑。
月曜日にようやく雪が小降りになったので屋根に登る。
これで8回目かな、新記録達成。
そんなときに除雪車がまた町内に入ってきたので
遠慮なく道路に雪を落としていたら2.3分でその雪を
ガガガーとさらっていってくれた、感謝!
もう数日は寒気がぬけるまで雪模様が続くらしいが
節分も近いし雪はもう十分に味わったので
そろそろ太陽が恋しい。

晴れたら・お散歩

朝から晴れ上がって絶好の山日和なのだが
所用があって結局、前回同様午後からの大力山訪問。
所用のひとつがY画伯との面談もあったので、午後の散歩を誘う。
彼とは元旦以外に大力山に登るのは数えるしかないが
今日は店も休みでちょっとした運動不足解消に賛同してくれた。
予想していたが駐車場には数台の車があって
やはり晴れたら・お散歩の人たちが多いことを再確認。
登山口で一人、中間点付近でO嶋氏とクロス、彼は朝から登り
クロハゲまで往復してきと言う。さすがの健脚・・・
一昨日からのトレースはかなり堅くなっていて
登りはツボ足ですんでスノーシューはザックに括り付けてある。
休憩舎に着くと2人の単独行が下山の準備をしていた。
体調不良で汗をたっぷり吸い込んだシャツを着替え、
水を飲み、ミカンを一ケ食べてから下山に取り掛かる。
明日からは天候がまた荒れ模様なので結構なお散歩だった。

<<三山を臨む>>

つかの間の晴れ間は・・・・

好天が期待できる朝、町内に除雪車が入るという情報を得て
朝食後に準備をしていたら助っ人が参上したので
2人で屋根に登って今シーズン6回目の雪下ろしをする。
やはり2人でやる作業は早い、下ろした雪を道路に出し終えた頃
除雪隊が町内の道路の除雪を始めてセーフ。
平素ならば半日かかる作業が1時間で終わってしまった。
大寒を終えたとは云えまだ節分までは大分あるし
余分な雪は消しておきたいのが正直な気持ちである。
10時の珈琲タイムに久しぶりに会ったU氏から
大力山の駐車場に多くの車が停まっている情報を得るが
除雪作業の途中で山に行くわけにゆかずにソワソワしていた
小生の気持ちを後押しして午後からの参加とする。
かなり重い雪が予測できたのでラッセル跡を利用させて
頂くありがたさをかみ締めながら12:45に登山口スタート。
途中で「里山」さん他の何人かの知り合いとクロスし
つつ休憩舎に着くと「コバイモさん」が
お一人でお茶をしておられた。

彼女とはよくお会いすることもあって嬉しい再会である。
しばし世間話に花が咲いたが、太陽も隠れてきたので
正式な山頂まで足を伸ばす彼女と別れて早々に下山。
カンジキを履いた足を大胆にストライドを広げて駆け下りるも
雪のクッションで足腰に負担は感じない。
途中でよくお会いする山スキーを履いた先輩や
Kちゃんhamのご夫婦とクロスする。
平日の午後も天気が良ければ訪問者が多い大力山である。

<<

こまめに実行・雪下ろし

連休明けの15日、朝から青空が広がる予想が・・・・
こんな日は山にでも足が向くのが理想なのだが、
須原の小屋の雪が心配になって装備を整えて出かける。
30cmほどの積雪だが前回の雪下ろしからけっこう降ったし
雨模様の日もあったので重い雪であった。
それでも30cmほどの雪だと40分ほどで終わる。
新規購入した「クマ式・ステンレス」のスノーダンプを
初めて屋根の上で使ってみたが怖いほどの切れ味、
堅い雪もザクザクと切り込んで滑りも抜群である。
今度は自宅の屋根でも使ってみようか・・・・

<<クマ式ステンレス・スノーダンプ>>
連休後の須原スキー場はリフトだけがカラ回りしている。
今年から民営化に移行したと聞くが雪には関係がないだろうし
リフトの機能にも変化がなく、サービスレベルがどうなったかだ。
ゲレンデ・スキーに通わなくなって久しいが
まだ昔のように滑れるのだろうか?

<<須原の小屋から見える須原スキー場>>

雪上トレーニング

昨年の同時期にカンジキでラッセル体験した
関東に住む友人の希望で今シーズンも登りたいとの事なので
S氏を誘って降雪のなか大力山に向かった。
3連休の初日は新雪後の好天で絶好の日和だったが
生憎と小生に約束があって最終日になったわけだ。

駐車場には1台の車が停まっていて
登山口には明らかにツボ足で登るトレースがあった。
S氏とスキーを背負ったN君スノーシュー、スノボの2人は
貸与したカンジキを持参していたがツボ足、
今年が初雪山体験のN夫人・トモちゃんはやはりカンジキ持参の
ツボ足、当然小生もツボ足。
やはり一昨日の大勢の踏み跡と翌日の雨で堅くなったトレースは
歩きやすく順調な歩行。
途中で先行していたO嶋氏とクロス、最近更新していないブログ
についてや今年の北海道山行の話しをして別れる。
かなり薄着で来たのだが汗が出始めたのでファスナーを開いて
体温調整、休憩舎に着くとすでにS氏が珈琲の準備をしていた。
小生も持参した市販の暖めた缶珈琲とテルモスの珈琲を振舞い
淹れ立て珈琲の出来上がりを待つ。

汗ばんだ体はすぐに冷え込むので記念写真撮影後に
スキー、スノボ滑降組を残して小走りに下り始めた。

小寒そして七草

今年の年末・年始休暇が長かったせいか
飲酒する機会が多かったので少々肝臓が働きすぎていた。
まあ年齢もあるけれども休肝日をあまりとらない小生としては
晩酌以外の飲酒機会を週末程度に抑えたいのが
肝臓を長持ちさせるせめてもの手法かもしれない。
年始の飲酒機会を数回ほどお断りして安静な生活をした。
もともと今年は喪中でもあったから尚更である。

さて年末の降雪にいささかうんざりしていたが
暦どおり小寒の前後はまた零下の日が続いてそれなりの降雪もあった。
ついに4回目の屋根に登ることになった。
これから大寒までの日々を気を引き締めて雪と対峙したい。
七草粥は土鍋で米から炊いて、久々に粥を頂いたが
横浜中華街では一年中、朝粥を提供する店があると云う。
中国風の粥はいろんなものをトッピングするが
台湾で食べたそれは実に美味しかった事を舌が覚えている。
さてスーパーで買った七草は小さな容器に
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ
・スズシロ」が入っているが
識別できるのはセリ、スズナ、スズシロのみである。
立春が待ち遠しい厳冬期の日々、いろんな山で多くの人達が
遭難騒ぎを起こしていたが「他山の石」とならぬように
気をつけて雪山に登らねばならない。

元旦登山

恒例となった大力山元旦登山は今年も例年と同じメンバーで構成され、
中年小父さん登山隊は雪の降り止んだ朝にスタートした。
9:30すぎに登山口に到着すると昨年同様
すでにA達夫妻が到着済みでA達画伯の先行する姿が見え
夫人がカンジキ取り付け準備をしていたので我等も同行することに、
一昨日のトレースはすっかりと消えておりやや重い雪がその上に
積もっていたが30cmほどの積雪である。
我等はA画伯の付けたトレースをたどることになる。

当然であるがラッセルの負荷もなく、淡々と歩んでいたら
鉄塔近くで先行していたA画伯に追いついた。
昨年同様に馬力があるY画伯がラッセル交代するのだが
魚沼の画伯達はこれから登ってくるS氏も含めてすこぶる
体力があって驚く。

Y画伯は舟窪から上部は右側の斜面を選ばずにほぼ夏道の上を直登する
コースを選択し、ぐいぐいと高度を上げる。
急斜面を登りきれば休憩舎は近い、
薄日が差し込み始めた山頂付近の雪はかなり軽いから
カンジキの歩みも楽になって気持ちよくゴール・イン。

休憩舎の中でS氏が珈琲を沸かし始めるとA画伯から
菊水のワンカップがプレゼントされた。
ビールやカップ麺、リンゴ、クッキーなどがザックの中から
続々と出されてミニ宴会が開始された。
その間に大力山で良くお会いするご夫婦が登ってこられたりして
休憩舎もだいぶ賑やかになってきた。

ようやく例年大ご馳走を持参するS画伯夫妻が登ってこられた。
下山準備をしていたラッセル部隊はご馳走がザックから出される
のを待って味見をした後に休憩舎を後にした。
今年もまたお世話になります、大力山よろしく!!

<<S画伯・奥様自慢のホッケ寿司>>