月別アーカイブ: 2013年5月

週末は大力山詣

最近は精力的に薪運びを行っている。
2年ほど前に積んでおいた薪を来シーズン用にテラスと階下の
薪置き場に運ぶ作業をしているわけだ。
一段落していると「野の花・博士」が拙宅を訪問したのだが
以前から約束していた「コシノコバイモ」が自生している現場に
案内してくれると言うのだ。
全くの自生物は見た覚えがなかったのでリクエストしていた。
山すその杉林などにひっそりと咲いているというのだが
野の花を真剣に探したことがないので今まで全くの自然物は
今回が初めてであった。感謝!!


さて土曜日は恒例の大力山詣をした。
先週に切り残した杉の倒木を切断する予定でチェーンソーを
持参したのだが、誰かが除去したらしくて綺麗になっていたので
登山道に飛び出した数本の切り株だけを切断したのみで
その後はタケノコやワラビなどを採取しながら休憩舎へ。
さすがに天気が良いので訪問者が多くて驚く、
クロハゲに向かうR太郎氏と別れて恒例の珈琲を飲み終えた
S氏と小生は爽やかな緑の薫風に吹かれながら下山した。

登山道整備

大力山の登山道から雪が無くなって初めての訪問であったが
前夜の飲み会で山道に数本の倒木があるとの話しを聞いて
当日はその除去作業をすることにした。
チェーンソーとノコギリ、鉈を持参しての大力山、
寺の境内に車を停めて、境内で雪囲いを外している知人にその旨を伝える。
歩き始めてすぐに杉が2本倒れこんでいたので切断して除去、
その後にブナが道をふさいでいたのでこれもコロ切りにして
斜面に転がしたが、薪の材料になると思うと惜しい気がする。
次の杉の大きな倒木を処理中に燃料がなくなった。
半分ほどの給油で済ませたことが敗因である、
最後の一本はなんとか通れるので次回にするしかない。
そこからは両手にノコと鉈を持つ二刀流で倒れ掛かった雑木や
邪魔になる小枝を払いながら山頂へ・・・・


かなりの汗をかいてS氏の珈琲飲んでいると
青いヘルメットを被り、ノコを腰に下げた古老が登ってきた。
彼も整備を思い立ったのだという、皆考えていることは同じなのだ。
最近、特に増えた訪問者が快く登ってもらうために
少しでも整備をするのが山麓に住み、大力山をこよなく愛す
我等の役目と心得て汗を流すことにしている。
山頂から見る魚沼の里は水田に水が張られて一月前とは
全く風景が異なってしまっている。
緑は瑞々しく生気に溢れ、乾いた登山道は快い。
季節は一気に夏に近づいている。


そして再び喜多方へ

昨年の晩秋に他界したK師匠の遺品整理に喜多方まで出かけた。
R252はまだ冬季閉鎖中なので往路は高速で西会津まで、
そこからはR49と農道を走って3時間ほどで現地着。
<<途中でK師匠と登る約束をしていた飯豊連峰が見えた>>

ご仏前にお線香をあげた後に長男の慧氏と一緒にまずは
離れにある未整理の書籍の整理から始めたが、
あまりの多くの書籍に驚く。
多肢にわたる分野の文庫本をどんどん紐で結わえてゆくのだが
眼に留まった本の数冊は形見としてもらうことにした。
<<飯豊山と名づけられた書斎用の離れ>>

コンピューター関連の専門書は別にして保存し
雑誌の類は廃棄予定として分類。
病院のベットで最後まで手離さなかったという
「ファーブル昆虫記」関係の書籍、
若いときから研究していた「宮沢賢治」関連の書籍は
処分せずに保存するように慧氏に前から云っていた。
問題は英文のコンピューター専門書であるが、
あまりにも高度な内容で大学の図書館寄贈か
御茶ノ水界隈の古書店でなければ対応できないだろう。
慧氏と思い出話をしながら作業が午後に入った頃に
東京から駆けつけたN山夫妻と皆で「会津ほまれ」酒造の
近くにある「S久山食堂」にて所謂「喜多方ラーメン」を頂く。
昼食後も作業は続いたが、全体の四分の一も整理出来ずに
雨が降ってきて作業は中止する。
(途中で見つけた山道具のひとつ9mmザイルも形見でもらう)
それから母屋に入って思い出話をした後にN山夫妻と小生は
今夜の宿である「熱塩温泉・叶屋旅館」へ、
熱くて塩分の効いた湯に浸かってから貸切状態の宴会場にて
2時間にわたってK師匠をめぐる若い頃の思い出話に
杯が進んで会津の夜を過ごした。

GWのはざまに

天候が不安定の連休後半に予定していた「守門岳」を諦めて
近くにあり、なかなか足を運ばない「権現岳」へ出かけた。
前夜の宴でやや重い体を山の上に持ち上げるわけだから
同行したいつものメンバーは苦労していた。
それでもピッケルを初めて使うS氏、
新調したアイゼンを履くR太郎氏を「弥三郎清水」の先にある
山頂まで続く雪壁に案内する。
<<後続のS氏の陰にR太郎の姿が・・・>>

雪の状態は理想的でピッケルの先端がグイグイと突き刺さる、
スパイク長靴の効き具合も安心感を与えてくれた。
恐らく今シーズンの最初で最後のピッケル使用、
北アルプスで滑落事故が続くなかでの登山だから決して緊張感は
ゆるませることなく傾斜が緩くなった9合目に到着。
山頂はすっかりと雪が溶けて乾いた岩が露出していた。
<<遠くの越後平野が良く見える山頂>>

さっそく湯を沸かして早めの昼食と珈琲タイム、
やや冷たい風が吹き渡る一時であったが至極の時間を過ごす。
帰りは雪のない夏道を下って「弥三郎清水」で水を汲んでから
踵グリセードで雪を探しながらグイグイと下降する。
<<弥三郎清水で汲んだ水はお茶かウィスキーか・・>>

やや肌寒かったものの良い汗をかいた晴れ間であった。
<<「業の秤」下に咲いていたイワウチワ>>