月別アーカイブ: 2013年6月

守門岳登山

久しぶりの守門岳訪問であった。
関東からN島氏が2人の友人を伴っての山行、
出発にやや手間取ったものの二口登山口ではなんとか
車を停める場所を確保できた。
登山靴に履き替える準備中に手の甲を3ケ所ブヨに刺された。
やはりこの頃は吸血虫が多くなる頃なのだ。
恒例の急登の斜面でアイドリングを終えると「護人清水」が
待っていてくれて甘露な水で喉を潤す。

谷地平では残雪とブナの新緑が冷気を与えてくれて
そこからブナの新緑に守られながら中間点の見晴らしまで
一気に歩きとおして小休止。

雪解け水が登山道の真ん中を流れている急斜面が始まると
すぐに残雪が現れて雪上の歩行が多くなる。
大岳との分岐を過ぎると青雲岳の山頂はすぐ目の前で、
守門岳の山頂は次のピークになる。
雪解けの終わった稜線の藪にはカタクリが満開で
思わず歓声を上げてしまうほど、

ツバメオモトが沢山咲いていたのにも驚く。

ブヨが纏わりつく山頂には多くの登山者が寛ぎ、食事中である。
湯を沸かしオニギリを食べながら快い風に汗を乾かす。
弥彦山のむこうには佐渡ケ島が見えた。
下山路はカメラを構えて花や風景を撮りまくるので
ややスピードが鈍ったが、予定の時間には二口到着。
アケビの芽とウドを少々採って、今宵の宴の肴にする。