月別アーカイブ: 2014年2月

PM2.5のせいか・・・・

朝から晴れることを期待していたが靄がかかったような天候、
濃いガスが朝の気温上昇による霧だけではないような気がする。
8:30、10m先が見えないような中を駐車場まで車を走らせたが
すでに1台の車が停まっていた。(多分、Oさん?)

一応カンジキは持参したがツボ足で大丈夫そうな雪質、
先行者はアイゼン使用の足跡が覗われる。
最初からセーターだけで歩き始めたものの
途中からグローブも外しセーターも脱いだ。

明らかに気温が上昇しているのだろう、
陽射しが当たる斜面の雪はゆるんできて時折ズボッと抜かる。
しばらく歩いていなかったからどんな感じかと思ったが
まあまあのペースで歩き通せた。

<<前回よりは少し埋まった感じの休憩舎>>

休憩舎の「山ノート」に記帳した折に前の記録を読んだら
川口の関氏が精力的な訪問をしておられる。
「晴れたら・・・」といった悠長な山歩きではなく
定期的に登って「クロハゲ」を越えて「笠倉山」まで
足をのばす体力の持ち主である。
トレーニングと称して1時間ほどの行程をこなしている
自分がすこしばかり恥ずかしくなってくる。

山の中で聞こえた魚沼市の緊急放送では「PM2.5」が国の基準を
越えたから野外での運動は控えるようにとの内容で
新潟県にもついに来たかとの思いで下山を開始する。

クロスした人数が少なかったのは晴れた天気よりも
「PM2.5」のせいだろうか?


<<新調したGPSロガーで展開された出発、到着の軌跡>>


<<休憩舎をぐるりと廻った軌跡も・・・>>


<<ワイドで視ると公園のMAPも>>


<<登高、下山のトレースもそれなりに展開>>

結局は昼間酒・・・

寒気の衰退は朝刊を取りに外に出たときに感じた。
雪も積もっておらず、濡れた地面がブラックアイス化していない。
昨日は断続的に小雪が舞っていて除雪作業をする気分ではなかったし
どうせならば薄着で作業をするのが好ましいと常々思っている。

さて、朝食を終えてから曇天の中で作業を開始する。
まずは自然落雪の片屋根側に溜まった通称ミニ・アルプス(家人が命名)
を平野にする作業をするのだが、雪の捨てる場所を確保するのが前作業。
ちょろちょろ流れる農業用水路への投入口を広くして
さらにミニ・アルプスから離れた場所を均して捨て場所を作る。
用水路には柔らかな細かい塊を、均した場所には堅い大きな塊を、
そんな配分をしながらミニ・アルプスを崩して1時間ほど汗を流す。

薄っすらと太陽が出てきたので今度は屋根に登ることにした。
前日に雪庇だけ落としたのだが、今回積もった雪も落としたほうが
建屋に対するダメージを幾分弱めることになるだろうと
30cmばかりになった重い雪を処分し始めた。
けっこうザラメ状の雪も30cmくらいだとハンドリングが容易く
快調に作業は進んで30分で落とし終える。
落とした雪は半分は道路に振りまいて地熱融雪にまかし
(まあ、多少は消雪パイプの水の助けも借りますが・・・)
残りは用水路に順序良く投げ入れてなんとか午前中に終了。
こんなように雪国では1mくらいの積雪を半日で処理する
場所や方法、道具も備わっているのだが
今回の関東甲信の大雪は見ていて歯がゆい感じがするのは
豪雪地帯に住む人だけの感想だろうか?
新潟県からはようやく除雪隊が派遣されたり、
政府も対策本部を立ち上げたのだが、
to late & to little
何事に於いても官は対応が遅いですね、
こんな時ほどトップダウンで超法規的処置によって
自衛隊や民間企業のパワーを総動員すれば良いのに
前例がないとか、議会の承認が必要だとか
法的なしばりがあるとか・・・

昼食、こんな日は自分自身にご褒美をあげることにして
アラビアータ・パスタとミニ・野菜サラダ、クリームチーズたっぷりの
フランスパンを前に先日入手したチリ産のフル・ボディワインを空ける。
まあ、グラス3杯で自重したのだがけれどもいい気持ちになって
薪ストーブの前でうたたねをしてしまった。
昼間の飲酒は効くな・・・・・

関東甲信の大雪に思うこと

この数年は地球規模で豪雨や豪雪、寒波が
予測できない地域で発生している。
2週に渡っての週末は関東甲信で大雪が降っていて特に山梨県がすごい、
群馬北部や長野県は少なくとも山間部は過去にも雪が降っていて
それなりの準備もしているが普段は雪が降らない地域での降雪は
自治体の除雪体制や住民レベルでの対応が遅れていて
魚沼あたりの恒常的に降雪がある地域とは差があるのは
しょうがないのであろうか。
所謂、危機管理としてどうなのだろう?
50年に一度ならばそんなリスクにお金を掛けるならば別の
ところに使うのが常道・・・

大動脈としての国道や高速が閉鎖されると
通行中の車両はともかくとして食料品などの流通が滞って
全国ネットの飲食店は臨時休業になってしまった。
魚沼では新聞の全国紙が16日分が未配達、宅配便の関東地区向けが
受け付けてもらえない状況が続いている。
(関越が完全にストップ中、#17はなんとか昨日開通)

道路は一度閉鎖されると除雪作業が停まっている車が邪魔をして
遅々として進まずに長引くのが今までの例である。
新潟県は国道も県道も市道もそれぞれ担当の除雪業者が
フル回転で作業していて通行に問題はないのだが
予算計上していない自治体ではどうしようもないし、
地元の土建業者も除雪に対応できる重機をもっていないし
慣れたオペレーターも居ないから尚のこと大変だ。
自衛隊の出動も限界があるし電力の融通だけでなく
そのあたりの融通を調整することこそが国レベルでの
役割ではないかと思うのは素人考えか・・・・

スーパーに並ぶ生鮮食料品に依存している現在の都市型生活スタイルと
地方の限界集落で自給自足している高齢者世帯の
どちらがロハスかなどという陳腐な比較はしないけれども
米と味噌、醤油、保存がきく野菜だけで一冬を過ごす
昔の雪国の先達たちのサバイバルスタイルを学ぶべきでなかろうか。
パッキングされた食料品だけに依存する生活スタイルは
依然として原発依存の電気ムダ使い生活を奨励する業界や
食べきれないほどの料理を出す料理店などを喧伝するマスコミ、
いずれは大きな倍返しを喰らうことにならねば良いが・・・
アベノミクスなる成長戦略の未来が見えてきた気がする。

寒い朝でした・・・

放射冷却の朝は屋根からの雪解け水が玄関先で凍ってしまい
所謂ブラックアイス状態になっている。
期待したほどは青空が広がらないけども「晴れたら登る」が
今年の「大力山詣」の基本姿勢にしているので9:00すぎに出発。
駐車場には4台ほどの車が停まっていた。
昨日はだいぶ多くの人が歩いたのだろうトレースがしっかりしているし
締まった雪がスパイク長靴の下でギシギシするほど快適。


高圧線の鉄塔すぎで先行していた3人のグループをパスして
プラ階段を駆け上り舟窪下でようやく汗ばんできたので帽子から手ぬぐい鉢巻に
切り替えるもセーターは脱げないほどの気温である。
なんとトレースは尾根の直登コースにも明確につけられていたので
高いステップの踏み跡をグイグイと登っていたら
アッという間に緩い斜面に出てしまってあっけない。
結局40分ほどで休憩舎に到着。


すでに到着していた2名の単独行の人たちと談笑しながら
テルモスの珈琲を飲みながらノート記帳。
2時間予定のトレーニングを終えて駆け下りた。

激動の1週間

立春寒波の「お見舞い」メールを千葉県に住む兄からもらってすぐに
今度は関東甲信が大雪に見舞われた。
交通機関はズタズタで大学入試、飛び石連休を利用した旅行者、都知事選挙と
影響はかなりあったと思うが40数年前の大雪の時は多摩丘陵に住んでいて
クロカン・スキーで多摩川の土手を走った思い出がある。
通勤は登山靴を利用し、停電の時は山道具をフル活動させて生活した。

10日には魚沼の雪も小降りになったので久しぶりに屋根に登る。
自宅の雪は思った以上に軽くて降ろした雪の処理も含めて2時間で終了、
午後は須原の小屋に出かけてスキーに来ていたN氏の協力を得て屋根に登る、
雨の後にマイナス10度の日々が続いた時の痕跡が残っており
堅いザラメ雪の上に積もった新雪を一緒に降ろすわけで
鉄の重いスノーダンプで全体重をかけて雪を切り出す作業に思わず声がでる。
いつもの倍以上の時間がかかったがなんとか終了。
普段は痛まない腕の筋肉痛が出てしまった。

帰宅して熱い風呂で汗を流して体を温めたあとに
体重計を確認してびっくり、前日の数値から2K減っていた。
土曜日にワインを大いに飲んでハイ・カロリーを供給したわりに
これで一安心して平時の生活に戻れる。

ソチ五輪が始まったのだが日本のマスコミがこぞってメダル獲得の
予想や成績をあおりたてているがあまり感心しない。
五輪には魔物が住んでいると云われ、絶対確実のメダルなどないし
選手本人のプレッシャーはいかほどのものか・・・
気持ちとしては取らせてあげたい選手はいるのだが、これだけは
時の運だと思っている。
一発勝負のレースや体のコンディションでどうなることやら・・・

壊れたGPSレシーバーを再度購入したついでに
古いのを分解してみたら、バッテリーのケーブルが外れていたようで
ハンダ付けしてみたが動作がやはり上手くゆかない。
充電は治ったのだが・・・・
さて新しくなったレシ-バーを持って山を歩きますか。

立春寒波とPC環境

未明から降ってくるかと思ったら昼間の方がすごい!
午前7時に20cmほどの駐車場前の除雪をしてから
珈琲を飲みながら新しいPCの設定などしていたら除雪車の音。
朝方1度来たのに、すぐに2度目の訪問となった。
拙宅の除雪はもう少し溜めてからと思い午後1時に2回目の除雪(25cm)
明日の朝までさらに70cmほどだというからけっこうな積雪予想、
ただ気温が低いせいか雪は軽くてふわふわしている。

さてWinXPがサポートを終了するのだが、まだメインPCはXPを使っている。
最近は新しいデバイスがほとんどXPのサポートを止めているし
そろそろ重い腰をあげてWin7に移行すべきか・・・・
ノートPCはすでに2台ともwin7をインストール済で
デスクトップもサブの2台はwin7にしているのだが、
どうも何時も使っているPCの使い勝手が良いためXPが離せない。
世間ではスマホに切り替えたり、facebookで情報交換したり、
LINEを楽しんだりしていようだけれども
長い間コンピューター関連の仕事をやってきたので
これ以上新しいツールに依存したくないのが本音。
本を読んだり音楽を聞いたり山を歩いたりするのにPCは不要だし
写真の整理もpcでの最低限の機能があれば十分だから・・・

ビル・ゲイツ氏が完全にマイクロソフトから引退する予定だし
アップル創始者のスティーブ・ジョブス氏も亡くなって久しい。
PCからスマホやタブレットがメインになってきて
PCアプリの開発を細々と続けているoldエンジニアとしては
今後どんな形でpcと付き合っていったら良いのやら・・・
除雪作業や山歩きのフィジカル面とソフト開発のデスクワークを
両立してきた小生ももうすぐ「高齢者」の仲間入りである、
どうなるのかな・・・・

大力山周回コース

期待したほど晴れてはいないけども
雪の状態は「凍み渡り」直前の絶好な状況である。
8:00過ぎに出発したら駐車スペースには品川NOと熊谷NOの
他に地元NOの計3台の車が停まっている。

今日は周回コースが念頭にあったのでスノーシュー持参、
トレースはバリバリの凍った状態で先行者は皆、アイゼン使用だ。
歩き始めに姿が見えた単独行の男性を秋葉神社でパス、
普通の長靴のツボ足でどんどん歩けて快調。
それでも出発時のマイナス4度の気温は上昇せずに
毛糸の帽子は脱いだけれどもセーターは脱げなかった。
休憩舎には40分少しで着いたのでノート記帳、お茶を一杯、
スノーシューを履いてすぐに周回コースに出発した。


<<すっかり屋根が出た休憩舎>>

例年ならば2月中旬から3月にかけての周回コースデビューが
今年の雪の状態はすでに3月中旬なみだから本日デビュー。
例年ならば雪に隠れている潅木がコース上に姿を現しているし
雪の表面が4月のザラメ雪状で妙な感じである。
スノーシューの爪がしっかりと効いてガシガシと斜面を下り
トレースをあえて外して雪の感触を味わう。

幾つかのピークを越えるとトンネルの入り口に向かって
下降のコースに突入する。
例年の左側斜面は雪の量が少ないのでやめて
トレースどおりに右から回り込んだコースに従って下りる。
最後のコースをトレースから外れて潅木帯を歩いていたら
ミズナラの根元に凍った「ヒラタケ」を発見。
ストックの石突で無理やりはがして持ち帰った。

<<家に着いてもまだ凍っていた>>
予想時間を下回った周回コースを終えて今日の運動は終わり。