せっかく晴れたのに除雪作業・・・

晴れの予報が出ていたが前夜の宴会盛り上がりと
除雪作業が待っているので「大力山詣で」はあきらめていた。
久しぶりに一晩の積雪が50cm近くになったから
裏の落雪跡は「ミニアルプス」が形成されている。
屋根と繋がったり、窓ガラスに雪が押し付けられたら
けっこう大変なので早めに「アルプス」を崩さねばならない。

<<こんな感じのミニアルプスです>>

玄関先から水路沿いにアプローチ用の道をつけるために
カンジキを履いて余分な雪を水路に落としながらたどると
水がちょろちょろ流れている水路までの距離は2mほどで
落ちたら這い上がるのに苦労しそうな高さで緊張する。
「ミニアルプス」を崩すのにまずは回りの雪をカンジキで踏み固めて
崩した雪の捨て場所をつくるのが最初の仕事で
この作業だけで30分以上かかってしまった。

雪そのものはとても軽くて扱いやすいものだったから
「アルプス」は瞬く間に平地になってしまった。
長袖のシャツが汗でぐっしょりになるほどの労働で
山を登るのと同じくらいのカロリー消費かなと自己納得。

<<屋根の雪下ろし用の固定ザイルにもツララが・・・>>

そろそろ降雪は十分です。