雨の日は・・・・

滞っていたパソコンの整理をしている。
WinXPのサービス終了に伴うwin8.1マシン(64bit)の
整備とwin7マシンの整備を同時におこなった。
もうXPは過去のOSになってしまうのか・・・・

どうもwin8.1は好きになれないが、動作確認用と
office2010が稼動する環境を実現するためにはしょうがない。
win7はデスクトップ1台とノートPC2台(1台はタブレット)
で稼動環境は確立して何とか動かしているが
いずれも消費税が上がる前にと思いメモリーを購入して増設した。

最近、必然性が生じたので新しい開発言語(.net・VB2010)を紐解き始めたが
どうも古い概念が邪魔をして理解度が深まらない。
今までの言語と比較をしてしまい、悩んでしまうのだが・・・
20代後半からマシン語、アッセンブラー、簡易言語、COBOL
BASIC、VBと遍歴を経てようやく.netである。

古い友人(彼も還暦を過ぎた)はだいぶ前にVB2010を使っているので
サンプルコードを手にいれたり、自らネットで調べたりして
ようやく特殊な測定機器との通信が動き始めた。
今まで開発したプログラムの移植にどれほど時間がかかるのか・・・
世間に出荷されている自分が作ったソフトのバージョンアップが必須の要件
となってきたので重い腰をあげて格闘している。