月別アーカイブ: 2014年11月

日々是好日

11月2回目の3連休であったが23日の中日が先輩の3回忌で
喜多方まで出かけねばならないし、天候も不安定なので
3連休という恰好のチャンスを活かした遠征は計画せずに
初日と最終日に「大力山」詣でを行った。

諦めていた「ナメコ」も再び活性化しており
残しておいた幼菌が大きくなっていて3ケ所の場所から
それなりに採取できた。さっそく食べ方の研究・・・
今が旬で採れたて大根をたっぷりおろした中に日高昆布でとった
出し汁に醤油とお酒を加えてひと煮立ち、そのなかにナメコを入れて
しばらく味が染み渡ったのを確認したら火を消し、
しばし寝かせてから斜向かいの宴会に持参


さて、大力山詣での初日、天候は放射冷却の霧がとれたとたんに気温が上昇し
とても11月下旬とは思えぬ好天に・・・・
最終日も午前中は柔らかな太陽の日差しが嬉しい天気で
「晴れたら大力山詣で」を大いに楽しむ。

法事に向かうR252の峠越え
先回降った県境の雪は道路脇にまだ残っており
夏タイヤで出かけたR252は運の良いことに
いまだに冬期閉鎖の対象から外れており、
毎日ハラハラ・ドキドキの天気予報チェックだったから
祈るような気持ちですっ飛ばした。
すっかり葉が落ちた風景はなんとも寂しげで、
「鬼ケ面」「浅草岳」などの上部は雪に覆われて
あの雪線が何時ごろ降りてくるのかなどと考えながら
初冬の県境峠を往復した。

ど根性トマト

一度枯れそうになった本体から欠いた枝を
2、3本そのまま土に挿しておいたら元気になって
9月頃から花が咲いて実が入りそのまま成長を続けている。
今日現在、まだ花が咲いているがもう限界だろうし
実が赤くなることはないだろうから採取して
「酢漬け」にでもしてあげようか・・・・

横に這って育ったミニトマト


今夜あたりから標高の高い山は降雪があるらしいし
里山の風景も一変し、葉が落ちて白っぽい枝が目立つ。
つかの間の晴れ間の間隙を縫ってナメコ調査に出かけ
ほんの、一食分と少々のヒラタケを採取した。
これからは「クリタケ」「ヒラタケ」などが初冬のキノコが
出始めるのかな?

ようやく育ち始めた晩生のナメコ

すでに「薪ストーブ」に火が入って冬を迎える準備は整った、
願わくば降雪は少々でけっこうで、2mも積もれば充分である。

大力山 「山ノート」NO3分割PDF

分割しました。

「山ノート」NO3_1

「山ノート」NO3_2

「山ノート」NO3_3

「山ノート」NO3_4

「山ノート」NO3_5

「山ノート」NO3_6

「山ノート」NO3_7

「山ノート」NO3_8

「山ノート」NO3_9

「山ノート」NO3_10

「山ノート」NO3_11

「山ノート」NO3_12

「山ノート」NO3_13

「山ノート」NO3_14

「山ノート」NO3_15

「山ノート」NO3_16

「山ノート」NO3_17

「山ノート」NO3_18

「山ノート」NO3_19

「山ノート」NO3_20

「山ノート」NO3_21

「山ノート」NO3_22

「山ノート」NO3_23

「山ノート」NO3_24

「山ノート」NO3_25

「山ノート」NO3_26

「山ノート」NO3_27

「山ノート」NO3_27

「山ノート」NO3_28

「山ノート」NO3_29

「山ノート」NO3_30

「山ノート」NO3_31

「山ノート」NO3_32

「山ノート」NO3_33

「山ノート」NO3_34

「山ノート」NO3_35

「山ノート」NO3_36

「山ノート」NO3_37

「山ノート」NO3_38

「山ノート」NO3_39

「山ノート」NO3_40

「山ノート」NO3_41

「山ノート」NO3_42

「山ノート」NO3_43

「山ノート」NO3_44

「山ノート」NO3_45

「山ノート」NO3_46

「山ノート」NO3_47

「山ノート」NO3_48

「山ノート」NO3_49

「山ノート」NO3_50

「山ノート」NO3_51

「山ノート」NO3_52

山ノートを追加しました

大力山の「山ノート」三冊目が一杯になったので
先日NO.4を追加し、NO.3はPDFに変換しました。
52ページほどのボリュームですが、1ページごとの分割版は
後日掲載します。

「大力山・山ノート」NO3

11月8日の朝は霧が濃くて出発を1時間ずらして
9:00に出かけたら駐車スペースはほぼ満車で驚く・・・
登り始めてすぐに10名を超える団体をパスして、少しゆくと
R太郎氏と会う、情報交換をして休憩舎で珈琲を飲み終える頃に
団体さんが到着したので早々に下山。

木々の葉が落ち始めて見通しが良くなったから
立ち木に出始める「ヒラタケ」が探しやすくなるだろう。
紅葉前線は平場に降りてそれももう少しで終わりそうで
もうすぐ雪が降り始めるのかな・・・

ナメコ三昧

濃い霧が上空へ消えてゆくタイミングを狙って
Y画伯が発見し小生がその後を引き取って通った
「ナメコ街道」へ2人で出かけた。

漸く平場に降りてきた「紅葉前線」を楽しむ事も
併せて期待していた。
目標の樹は下部は少しばかり削りとった痕跡があったが
上部は開き加減がベストの状態。
他にも数本の「ナラ」の古木に適宜なものが出ていた。

このサイズがナメコ汁に最適


このサイズはナメコおろし


旨そう・・・


さらに標高を上げるとヒラタケが少しばかり採れる。
当分は晩秋の味を楽しめそうだ。
自然の恵みに感謝。

秋が深まり・・・・

10月が風のように通り過ぎていった。
今年の紅葉が見事なものだという話は聞くのだが
訪問した山や地域ではそれほど感じずに時期が終わろうとしている。

今年の山の「木の実」は不作で熊が下界に降りてきて
山里の道路をウロウロしているニュースが飛び込んでくるが
その時間帯(早朝や夕方)に散歩でもしていないと
対面することがないのかもしれないけども
大力詣での時はスイス土産のカウベルをガラガラ鳴らしたりしているが
今後はラジオでもボリュームを上げて持ち歩こうか・・・・

恒例の「さわし柿」作りにお呼びがかかり、3軒のお宅にお邪魔して
柿の採取作業に精を出した。
採った柿はそのほとんどを「さわし柿」にする家と
今年はこれ以上作らないから持って行ってくれと言われて
全数貰ってきたりしたので今年はまた去年並みに「吊るし柿」が出来るかな・・・

柿すだれ・・・

待ちに待った「ナメコ」に出会った。
数年前に異常なほどの「ナラ」の立ち木に出た「ナメコ」は
昨年からほとんどが姿を消してまれに出会うだけなので
今回の採取は嬉しかった。
「熊出没」の話を聞くとキノコ探しの山歩きは躊躇してしまう。
雨と朝夕の冷え込みはナメコには最高の条件なのに・・・

食べごろサイズ