月別アーカイブ: 2017年3月

魚沼・北岳スノーシューハイク

3連休の間に開通したばかりのシルバーラインを利用し
「日向倉経由未丈ケ岳」を計画していたが
予定した日曜日の天気が思わしくないので翌20日に
入広瀬の浅草山荘裏から「北岳」を目指すスノーシューハイクに
切り替えて「大力山・友の会」メンバーに参加を確認したら
久しぶりに全員が揃って出かけることになった。

「鏡ケ池・道の駅」で待ち合わせをして2台の車に便乗した
6名のメンバーは一路「浅草山荘」へと向かう。
駐車場にはすでに2台の車が停まっていて、
1台はどうみても見覚えのある車・・・・さては

先行者が付けた適切なトレースを辿ることは有難く
腐った雪の上に新たに積もった重い雪を踏みしめながら
杉林を抜けてブナ林に出る。
尾根に出るまでの急斜面がこのコースにおける1つの核心部で
歩き始めてすぐに始まる急登はアイドリングにしては
運動不足の体にはきつくてすぐに汗が噴き出してくる。
30分ほどで小休止を入れてアウターを1枚脱いで
毛糸の帽子から得意の手ぬぐいに変更。

急斜面のブナ林を登る

急斜面のブナ林を登る

まだこの辺りはそれほど急登ではない

まだこの辺りはそれほど急登ではない

振り返ると登って来た斜面が続く

振り返ると登って来た斜面が続く

いよいよ急登の核心部

いよいよ急登の核心部


もうすぐ尾根に出る

もうすぐ尾根に出る

途中に1ケ所、毎年発生するクラック多発地帯を
慎重に抜けきると尾根歩きのスタート地点に到着する。
ここで一度全員がそろって大休止、
各自喉を潤したり行動食などを摂ったりする。
9時すぎには太陽が顔を出す予報を信じていたが
厚い雲は消えてゆく様子はなく、予想外の冷たい風が
尾根筋のコースを吹きまくっている。
ここからは緩い登りが長く続く稜線であるが
左側が「ムジナ沢」へと切れ落ちて右側にはブナ林が連続する。
昨日から寒気の勢いが衰えていないせいか滞留した雲が
流れてきて雪になったり木々に霧氷が生成されたのだろう 
木々の枝に付着した霧氷が風が吹く度にパラパラと落ちてきて頬に当たる
そしてその欠片が雪面に不思議な模様を描いていた。

霧氷の欠片が雪面に羽毛の毛のように

霧氷の欠片が雪面に羽毛の毛のように

緩い斜面の連続

緩い斜面の連続

まあ暑いよりは歩くのに適宜な気温といえるのだが
風が吹く度に体感温度が5,6度低くなる感じで
春用にと用意したグローブの指先が冷たくて感覚がなくなりそうだ。
こんな時は黙々と歩き続ける他はない。
幾つかのピークを越え吹き溜まりをトラバースするのを繰り返し
やがてブナの大木が密集する森林限界を超えると
目的の「北岳」山頂が近い。
途中で見かけた先行者の雪のブロックを積み上げた休憩スポットであったが
今度は当事者が風の当たらぬ沢筋の一角にシェルターを製作中の現場に出会う。
やはり先行者は小千谷のH谷川氏であった。
同行者は南魚沼のO石氏のようで一言声をかけて
まずは山頂を踏むべく先を急いだ。

風を避けてシェルター作成中

風を避けてシェルター作成中

いよいよ風は強まって山頂に至る最後の急登は
シュカブラが形成されたハイマツや風紋が見られ、
表面だけが堅くなったクラフトした雪面にスノーシューが上手く
グリップせずに何度もスリップする。
濃いガスと強風に虐げられながらもなんとか山頂に到着するが
視界も無く後続のメンバーを待つ間に体が冷えてくる。
写真を撮ったり足踏みをしたりして遅れて到着する人たちを待つ。

まだまだ山は冬です

まだまだ山は冬です

視界の無いなか山頂に向かう

視界の無いなか山頂に向かう

モンスター1

モンスター1

モンスター2

モンスター2


モンスター3

モンスター3

モンスター4

モンスター4

一瞬の光が

一瞬の光が

皆も恐る恐る降りて来る

皆も恐る恐る降りて来る

この姿も一瞬

この姿も一瞬

なんとか全員がそろったところで記念写真を撮って
速攻で下山開始、この下降がまた困難で難儀する。
S太郎氏はスノーシューを脱いでツボ足になったがこれが正解かもしれない。
途中で休憩を終えたH谷川氏らとスライドしたが
彼らはできれば「鬼ケ面」まで往復したいと云っていた。
我々は彼らが作った風よけ用の雪ブロックを積んだシェルターを
利用して少し拡張した後に昼食の準備に入った。
ようやく太陽の姿が少しだけ見え始めたものの気温は低い。
ブロックのおかげで風は直接当たらないのでGASストーブは
順調に燃えてカップ麺と珈琲用の湯が沸いた。
お握りを頬張り熱いカップ麺をすすり込む。
実にシンプルな食事だがこの味が雪上で味わう極上の味、
熱々の珈琲も美味かった。

シェルターの跡

シェルターの跡

ビールを飲んだmbaba氏は車を運転する時間を逆算して
もう少し休憩したかったようだが、すでにザックを背負って
立ち上がっている人もいるので撤収の準備を始める。
一瞬、「北岳」の全容が姿を現したので個別に写真など
撮ってから下山を開始した。

漸く視界が広がった

漸く視界が広がった

小さなクラックだけれども侮れない

小さなクラックだけれども侮れない

O嶋氏は輪カンに履き替えて先頭をスタスタと歩く、
やはり下降はスノーシューよりもカンジキが有効かも・・・
S氏はさかんに股関節付近の内股が痛み始めたと云う、
そう云われてみると小生も右の内股が痛い。
先日整体師から右足に負担がかかっているとの指摘を受けたので
そんなことも原因かもしれない。
新しく買って装着したインソールは違和感なく機能しているようで
登山靴+スノーシュー歩行は順調だ。

急斜面の下降が始まる前に最後の休憩をとってから
各自のペースでダイナミックな下降が始まる。
雪は登る時よりも重くなった感じで
足元から滑り落ちる雪に足を奪われて何度も尻餅をつく。
疲れてきたせいとトレースを嫌って歩くせいかもしれないが
下りにはトレースの上を歩くと膝への負担が強いので
どうしてもノントレースを選択してしまう。
杉林の途中から先行者がショートカットコースを選んだので
沢筋の杉林を抜けて「浅草山荘」の駐車場に辿り着いた。
風は無く気温も上昇している、山頂とは別世界のようだ。

マンサクが咲きました

数日前に一夜にして50cm超の降雪があって驚いた。
まあ、まだ3月なのだから驚くのは早計なのだが
融雪がすすんできたこの時期にあの雪の降り方をみたらウンザリ。
特に所用があって遠方に出かける日に横殴りの雪だから・・・
出先の三条市付近もかなりの積雪があって大変だった、
なにしろ下越地方は除雪体制が整っていないから30cmくらいの
積雪があると主要道路以外は大変な状況になる

さて週末は晴れる予定だったが土曜日は天気がスッキリとせず
翌日の日曜日はなんとか良さそうなので「大力山詣で」を計画した。
先日購入した「インソール」を普段使いのスポルティバに入れたので
「試し履き」として登山靴で登ることにした。
放射冷却で雪が堅くなっていることも想定したが一応スノーシューも持参、
登りはアイゼンが欲しいくらいの踏み跡だったがなんとか滑らずに
気を付けながら登り終えた。
休憩舎には前を歩いていた単独の男性が到着したばかりであったが
同じスポルティバの「ネパール・エボ」を履いて12本爪のアイゼンを装着していた、
厳冬期用のヘビーな靴である(羨ましい)。

穏やかな日差しの中、挽き立ての珈琲は美味い

穏やかな日差しの中、挽き立ての珈琲は美味い

S氏が珈琲の用意をしている頃に顔見知りの「ワイルド・グラス」氏が到着、
久しぶりに会ったので四方山話に花が咲く。
風も無く陽の光がやや弱いものの穏やかなひと時である、
遠くの山々もやや霞がかかているが良く見える。
もう少し暖かく余裕があればワインなどを持参して
ゆっくりとランチなども良かったのだろうがまだ10時前だ、
珈琲も飲み終えたし早々に下山することにした。

何時の間にか沢山の花が開きかけていた

何時の間にか沢山の花が開きかけていた

蒼い空に黄色の花がいいな

蒼い空に黄色の花がいいな

ふむーいい感じ

ふむーいい感じ

ツボ足で歩きだしたが途中でせっかくだからとスノーシューを履く。
先行していた単独行の男性が立ち止まって木立を見ていた、
登りでは気が付かなかったが「マンサク」の花が咲き始めている。
カメラを取り出して数枚写して下り始めると
顔見知りの人達が続々と登ってきた。
やはり太陽の光は偉大である、人々の山恋心を誘う。

インソ-ルも違和感もなくフィットしていたようだから
玉突きではじき出した旧いインソールは革のスポルティバに入れて
残雪の山歩きにデビューさせよう。期待したい・・・

上権現堂山・冬季限定散歩

mbaba氏からのお誘いで数年ぶりに「上権現堂山」へ雪上散歩に出かけた。
数日前に「黒禿」へのカンジキ歩行で痛めた左脹脛の
筋肉痛(クールダウンとストレッチを怠った結果)が
まだ完治していないので少々心配したがなんとか歩き通せた。

7:30にmbaba氏が自宅まで迎えにきてくれたので
登山靴&スノーシューなどを積み込んで旧広神村の米沢集落へ向かう。
予定していた8:00前にはスタートできそうだが
雪の状態がやや心配なのは以前に味わった下山時の腐れ雪による
スノーシュー歩行で苦労したイメージを思い出したからである。

スタートすぐに始まる急登

スタートすぐに始まる急登

朝日に輝く斜面が絵になる

朝日に輝く斜面が絵になる

除雪終点の作業小屋前に車を停めて雪の上でスノーシューを着けると
すぐに登行が始まる。
小高い丘のような斜面を最初からヒール・リフターをあげて
堅い雪の斜面に爪をガシガシ効かせながら登り切ると
さっそく額に汗がにじみ出てきた。
積雪期限定のコースは多分無雪期には単なる藪が密生する尾根を
辿りながら植林された杉の林の中を通過したりして
最短コースをとって長松の本沢を左側に見る尾根に至る、
右手は植林した杉林で左側はブナ林が渓谷へ落ち込んでいる。
かすかに人が歩いたトレースが時々残っていたが
カモシカが横切ったりウサギの足跡が乱舞したりと
「大力山」と違って訪問者の痕跡はかなり薄い。

まだ雪面は硬くて快適

まだ雪面は硬くて快適

目指す上権現堂山が目の前に

目指す上権現堂山が目の前に

標高が上がってくると数日前に降った下界の雨が雪だったのだろう
ザラメ雪の上に新雪が積もっていたり
尾根付近には風で形成された雪庇のタマゴが現れてきた。
山頂に至る主尾根の岩が露出した左側を通過する時には
スノーシューの先端の爪を思い切り蹴り込んで
両ストックで確保しながら格闘した。
(アイゼンも持参していたのだが履き替えるのが面倒だったのだ)
この斜面が本日のハイライトであったのだろう。

雪庇が生成される途中の斜面をゆく

雪庇が生成される途中の斜面をゆく


正面に最難所の斜面が

正面に最難所の斜面が

最後の斜面を越えたら山頂

最後の斜面を越えたら山頂

急斜面を過ぎると急に積雪量が一段と増えたような気がした。
雪質もかなり粉雪に近くスノーシューが沈み込む
樹木の姿がなくなった頃に突然広い山頂部に飛び出した。
気温が低いせいか思ったほど汗はかかなかったが
山頂近くに出る頃に風が出てきたし太陽の周りに薄い雲が纏わり出した。
風の当たらぬ場所を探して歩き回って山頂部から少し
下って登ってきた斜面の途中にザックを降ろした。
mbaba氏がザックの中からスコップを取りだして
風よけと雪の椅子を作ってくれる。

素早く雪を積み上げるmbaba氏

素早く雪を積み上げるmbaba氏

今回、小生は火器もコップなども持参していない、
彼はコンロを持ってきていたようだが結局は出さずにすました。
彼は恒例の缶ビールタイムが始まって記念写真をパチリ、
小生はテルモスのお茶でお握りを流し込む。
風の向きが変わったらしく目の前の木立が揺れだして
指先が冷たくなったので防寒用のグローブに替えた。
羽毛をザックに入れなかったのは失敗だったのか・・・・

mbaba氏はお昼の休憩はけっこう長く取るのだが
小生が寒さに足踏みをしだしたので残りのビールを飲み干して
せっかちな小生に付き合ってくれて下山開始。
堅い雪が張り付いた急斜面を終えるまでは
スノーシューを脱いでツボ足で歩行することにして
急斜面は踵を眼いっぱい蹴り込みながら一歩ずつ慎重に下った。
滑って滑落したら死ぬことはなくても立ち木に衝突して
ケガはするだろうから真剣だ。

核心部を過ぎたら後はだらだらと歩くだけ、
登ってきたトレースをわざと外してグリセード気味に
腐り始めた斜面をザーザーとミニ雪崩を起こしながら下り、
たまに自分の起こした雪崩に巻き込まれて転んだりする。

眼下に作業小屋が見えた

眼下に作業小屋が見えた

最後の尾根に出る頃に小さな雨粒が頬に当たった。
15時頃から雨が降る予報が的中したか、
この数日の間に2日も残雪の山歩きを楽しんだ、
山の友に感謝!!

快晴の黒禿

全国的に快晴が約束された2月最後の日、
マイナス6度の放射冷却効果が期待される8時に
駐車スペースに着いたらすでに1台の車が・・・
登山靴・スノーシューも用意したのだけれども
今日はスパイク長靴とカンジキにすることにして
ピッケルはとりあえずのお守り。

新調したベース・レイヤとミドル・レイヤを着込んで
秋葉神社まで歩くとようやく体が温まる。
踏み跡をトレースしないでも歩ける所謂「凍み渡り」
ギュ・ギュと快い音を立てながら高度を上げてゆくが
数日前から上昇してきた気温や雨で斜面から剥がれた雪が
谷底に流れ落ちている風景が目立つ。

ガリガリに凍った踏み跡を辿る

ガリガリに凍った踏み跡を辿る

休憩舎の姿はすっかり全容を現した

休憩舎はすっかり全容を現した

入り込んだ雪が綺麗になっていた

入り込んだ雪が綺麗になっていた

休憩舎に着いて中を覗いてみると綺麗に除雪してあって
テーブルと椅子が露出していた。
登山ノートに記帳し、ペットボトルのお茶をごくりとやって
すぐにリスタートする。
城山トンネル方面への周回コース分岐から一気に下って
再び登りにかかる頃にツボ足では踏み抜く回数が多くなったので
ここでカンジキを履く。
先日の雨は標高の高い所は雪だったのか期待した雪の硬度が無い、
それでも新雪ラッセルに比べたら楽なものだ。

新たな斜面が連続する

新たな斜面が連続する

谷筋にはデブリの跡が

谷筋にはデブリの跡が

上を見上げたら人影が下降してくる姿を発見、
もう「黒禿」山頂往復を終えてきたのかと驚いたが
スライドする時に挨拶と情報交換したのだけれども
その青年は途中の痩せ尾根であまりに雪の状態が悪くて
危険を感じたのでそこでUターンしたのだと云う。

前面の雪壁を右から越えた

前面の雪壁を右から越えた

まあ、小生もその場所までは行ってみて決めようと
彼の付けたトレースを辿って幾つかのピークを越える。
何箇所かオーバーハング状の雪壁を越えなければいけない
場所があったのだが、青年は適宜にクリアしてあった。
(お見事!!、これでとりあえずピッケルの出番はない)
核心部に到着する前から雪が腐っていたり
ブッシュの上に積もった雪が空洞を作っていたりと
膝まで踏み抜く回数がだんだん多くなって緊張を強いられる。
(振り返ると2人の登山者が接近する姿が確認できた)
もし滑落してもこれでヘルプの期待ができるので安堵

この尾根歩きが楽しい

この尾根歩きが楽しい

こんなピークを幾つも越える

こんなピークを幾つも越える

青年が撤退するポイントでは確かに痩せ尾根の片側が
切れ立った急峻な斜面、もう片方には辛うじて
トラバースが可能な雪が張り付いているものの
一歩踏み出すと足元が崩れ落ちる腐れ雪の連続、
とてもカメラを出してその様子を撮る余裕もなかったし
アクシデントが発生した場合のリカバリー方法を考えながら
なんとかクリアして安全地帯まで前進して小休止する。
暫くすると後続の登山者が近づいてきたが、なんとその一人が
O平N明氏ではないか、駐車場で小生の車を見て
大力山までの予定が、あまりの好天で追いかけてきたのだという。
もう一人の登山者は鳴倉までの周回に関する話をしてたので
知りうる情報は伝えたが決行するらしく先を急いで去った。

漸く最後の難所を突破して振り返る

漸く最後の難所を突破して振り返る

このピークを越えたら 小休止

このピークを越えたら
小休止

ここを越えたら山頂は近い

ここを越えたら山頂は近い

ここからはO平氏と2人で最後の登りをご一緒する。
「黒禿の頭」には3時間弱の時間を費やして漸く到着、
ザックを降ろして大休止となった。
風もなく気温も上昇(といっても5度くらいか)
それでも太陽の暖かさは強烈で体中がポカポカしてくる。
30分ほど休んでいたのだが雪が緩くなる前に
あの危険地帯を通過する必要があるので立ち上がった。

黒禿山頂は上手い具合に 防風スペースが形成されていた

黒禿山頂は上手い具合に
防風スペースが形成されていた

八海山遠望1

八海山遠望1

八海山遠望2

八海山遠望2

登りでは気が付かなかった雪庇の張り出しや
コース取りの難しさを反省しつつ、なんとか危険地帯を通過。
それでも幾度も膝までの埋没を繰り返して安全な尾根筋に
到着すると大力山の山頂付近で宴を張っている人影が見えた。
(果たしてその人たちはやはり晴れると大力山に宴会をしにくる知り合い)
休日ではないがこの天気に誘われて多くの人が「大力山詣で」を
したのだろう、足跡が多くなっているのが見受けられる。
正午を過ぎていたので小生は休憩舎で昼食を摂ることにしていたが
O平氏はもともと食料も持参していないし所用もあるので
先に降りていった。

下降路はO平氏が先行

下降路はO平氏が先行

市街地を眼下にしたO平氏

市街地を眼下にしたO平氏

なかなかいい姿

なかなかいい姿