晴れたら大力山詣で

里雪形の降雪は下越地区に未曾有の積雪、
一晩で70cm超で都市機能はマヒし
除雪体制が貧弱な地域では一晩1mでもビクともしない
魚沼地域とはどうしても差が出てしまう。
こんな降雪の日は魚沼は晴れているから不思議、
前日から約束していた「大力山詣で」は
8時半スタートで町内S氏と登山口に向かう。

登山口には1台の車が出発準備中、
我らはほとんど用意を終えていたので即スタート。
マイナス8度という予報通りの最低気温だが
途中の発汗を予測してロングスリーブシャツと
セーターのみの割と軽装にて歩き始める。
ウールの帽子も途中で手ぬぐい鉢巻きになるのだが・・・
但しネックウォーマーだけは最後まで離さなかった。

朝日が霧氷に光る

朝日が霧氷に光る

いいな・・・

いいな・・・

青空に霧氷

青空に霧氷

S氏はスノーシューで小生はコメリで前日購入した
¥1980のスパイク長靴でツボ足。
多少の降雪があったものの前日に付けられてトレースが
しっかりとしてるので快適に歩行できる。
灌木の枝は霧氷が張り付いて朝日に輝く様は
まさに「小寒」過ぎの暦どおり冷え方だ。

魚沼市街地が輝いている

魚沼市街地が輝いている

この輝きが良いのだ

この輝きが良いのだ

マイナスの気温の中での歩行で発汗はないかなと思っていたが
休憩舎に着く頃にはやはりシャツが濡れるほどの汗、
用心の為にシャツを着替えると気持ちが良い。
今シーズン購入した「山専ボトル」(保温水筒)には
出発前に投入した沸騰した湯を入れてあるので
GASで湯を沸かさずにボトルの湯で珈琲を淹れる。
さすがに優れもの、ほとんど熱湯のままであった。

氷点下での珈琲タイム

氷点下での珈琲タイム

後発の3人組とその後に長靴・軽装の夫婦が
到着する頃には周回コースに向かう我らはスタートする。
小生も「かんじき」を着けてやや重い雪の中に飛び込む、
S氏はスノーシューの強みか快適に下ってゆく。
かなりの差が付いたが重い雪が「かんじき」歩行に
負荷を与えて苦労する。

後発の3名も周回コースに

後発の3名も周回コースに

ショートカットコースを振り返る

ショートカットコースを振り返る

先行するS氏は最後のトンネル出口に向かう斜面を
右から回り込み、小生は左の斜面をショートカットして
沢山の車が通過する車道に降り立った。
今シーズン最初の周回コース、まあ良い運動。