下権現堂山(旧アクシオムスキー場から)

m馬場氏に誘われて出かけた。
最初は「守門・大岳」か「平標山」という話も出たが
いずれも人が多そうだし、冬の「下権現堂山」のスキー場コースも
未体験だったので小生が強く推したのだ。

8時に迎えにきてもらってかなり冷え込んだ朝の出発、
数日前から好天の予報が出ていたし、
例年は旧アクシオムスキー場の斜面にはトレースが付いていることが
多かったが果たして3月3日「ひな祭り」当日はノントレース。

すでに強烈な朝日が射しこんでいる

すでに強烈な朝日が射しこんでいる

先行するm馬場氏

先行するm馬場氏

前日の雪が薄っすらと積もった斜面にスノーシューで歩き出す、
先頭は若いm馬場氏に歩いてもらって爺さんはのんびりと後を追う。
思ったほどのラッセル苦行はなく1時間ほどで小休止、
すでに上着は脱いでおり2枚重ねのロングスリーブの襟元全開
頭は手ぬぐいに切り替えてある。
まだ旧ゲレンデのトップはひと登りせねばならないので
給水を終えてひとがんばり。

近年では足跡を見なくなった兎のトレース

近年では足跡を見なくなった兎のトレース

最終リフトの残骸

最終リフトの残骸

「権現堂スキー場」の時に数回、「アクシオム」になってからも
数えるほどしか通っていなかったが一番上のリフトは「強風」で
何時も動いていない時が多かった思い出がある。
その急な斜面をヒール・アップしたスノーシュで直登する。
トップ到達すると登り始めた道路はもう見えず、
むしろこれから歩く尾根と山頂部が手の届く距離で見える。

山頂部が見えた

山頂部が見えた

クラックが罠を仕掛けている

クラックが罠を仕掛けている

この尾根を越えて山頂部に至る

この尾根を越えて山頂部に至る

ここまでで2時間ほどが経過しており残りは1時間のアルバイトだという。
ブナ林や痩せた尾根を幾つか越えると最後の山頂部に至る急斜面、
コロコロ変わる雪質と足元からバラバラと崩れ落ちる
モナカの皮のような表層に苦労させられながらなんとか突破。

守門

守門

三山

ハナコさん

誰も居ないと思っていたが「戸隠神社」側から登って来たらしい
ワカンのトレースを発見する。
すでに下降していった様子なのでどんなコース取りをしたのか
2人でいろいろ考えてみたが結論は出ない。
山頂部はやや風が強くて休憩するには不適なので
「中越」側に少し下った斜面にスコップで風よけブロックを
積んでから座る場所を確保して昼食とした。

名残惜しいが下山

名残惜しいが下山

陽射しは強くなって気温は低いものの暑さを感じる。
遠くまで連なる魚沼の山襞を見ながら
山で初めて使う「山専ボトル」でカップ麺を作り
焙煎したての珈琲を淹れた。
風の音ももちろん車の音や人の話し声すらしない、
穏やかで静謐な雪山でのひと時は何ものにも代えられない。
時が許すならば昼寝でもしたいものだが・・・・・

重い雪に苦労しがら下山

重い雪に苦労しがら下山

なごり惜しいものの登った山は下山せねばならない。
小生はせっかく持参したのだからとカンジキに履き替える。
スノーシューでの堅い雪の急斜面の下降は不得手なわけで
これでスキーがあれば10数分で滑り降りる斜面を
カンジキやスノーシューでとぼとぼと下った。
m馬場氏は急斜面では「尻セード」を始めて楽しそう、
午後にはさらに気温が上昇したのだろう、雪も重くなった。
結局、誰にも会わない静かな「権現詣で」になった。