久しぶりの大力山詣で

雪解けの季節が訪れてからは
他の山域に出かけてしまい
大力山にはご無沙汰していたが
「六万騎山」でカタクリの花が終わりかけていた姿を見て
これは大力山で咲き始めの花を愛でなければと思い
家人を誘って出かけた。

ブナが芽吹く

ブナが芽吹く

休憩舎付近はまだ雪がたっぷり

休憩舎付近はまだ雪がたっぷり

足元は長靴にしてまだ雪が若干残った登山道を行く、
途中で常連のご婦人とスライド、今日はお1人でした。
今日はカメラを2台持ちで撮影をしながら
登ったので疲れは感じることなく休憩舎へ。
朝方は霜が降りるほどの低温で風も冷たかったけれど
シャツが濡れるほどの汗をかいたので着替え
珈琲を淹れて休憩していると
干溝集落のT婦人が登ってきて
昨年の夏に白山にご一緒した旨の挨拶をされた。
そうか、あの植物博士のご妻女かという話で盛り上がる。

天気もなかなか良くならないので下山の準備、
数組の登山者とスライドしながら
望遠カメラに付けたエセマクロレンズで花などを
撮影しながら下った。

スプリング・エフェメラル

以降はスプリング・エフェメラルの容姿

aDSC_2203

aDSC_2205

aDSC_2210

aDSC_2214

aDSC_2216

aDSC_2218

aDSC_9406

aDSC_9415

aDSC_9418

aDSC_9419

aDSC_9438