直前トレーニングと登山道整備

いよいよ涸沢・天幕合宿が1週間後に迫った。
小生は「岩菅山」で多少、歩いてきたが
雨の降らない休日には「大力山詣で」と思っていたし
前回登った時に連日の雨でかなり傷んだ登山道の
補修をすべしと話していたので
S氏を誘ってプラ階段を背負って出かけた。

思った以上に湿度があったのだろう
歩き始めてすぐに汗が流れだした。
途中で先行していた老夫婦に追いついて
汗だくになって「上の舟窪」に到着、
土砂が流れた部分に2ケ所、先回補修した部分に
1段追加する工事を行った。
工事途中で涸沢合宿に同行するm馬場氏も追いついて
数年前に「魚沼アルプス」登山道整備を一緒した時のように
3人で里山整備を実施したわけだ。

施工前現場

施工前現場

カケヤを使ってプラ階段を設置するm馬場氏、後ろには指導するS氏

カケヤを使ってプラ階段を設置するm馬場氏、後ろには指導するS氏

工事を終えて恒例の珈琲を飲み、果物を食べてから
「クロハゲ」まで往復すると云うm馬場氏と別れて
秋の訪れを感じ乍ら下山した。