雨上がりのキノコ調査

昨年の記録を見たり昨今の気温や雨の回数を考慮して
大収穫だった「アマンダレ」を思い出しながら
雨が上がった貴重な朝方に「下権現堂山」に
向かって車を走らせた。

駐車場にはすでに車が1台、
出発間際にさらに1台の車が駐車場に滑りこんでくる。
雨上がりの登山道は足元の草が纏わりついて
すぐにズボンの裾がびっしょりと濡れる。
途中で早くも下山してきた鉈や鋸を腰に差した
この山を整備していると思われる古老とスライド。

近年「毒茸」にされた「スギヒラタケ」

近年「毒茸」にされた「スギヒラタケ」

山道の脇に沢山あるのに 誰も採らない

山道の脇に沢山あるのに
誰も採らない

こんなのや

こんなのや

こんなのが沢山生えている

こんなのが沢山生えている

目的の場所には「アマンダレ」の姿は皆無、
登山道の脇を探しながら1週間は遅いと思われる
腐敗直前の大型のものを発見したのだが
なんとか食べられるものだけを採取。
今年は早生種の「アマンダレ」は終わったか・・・

1週間遅かった

1週間遅かった

なんとか食べられそうなものを採取

なんとか食べられそうなものを採取

ハナビラニカワダケ

ハナビラニカワダケ

帰りは草木の写真など撮りながら下る。
熊鈴は2ケ付けたがなんとかセーフ、
このところ釣師やキノコ採りが熊と遭遇して
怪我するニュースが報じられているから
この時期は緊張する。

虫の卵だと云うのだが旨そうだ

虫の卵だと云うのだが旨そうだ

キバナアサギリ

キバナアサギリ

サワフタギ

サワフタギ

ハギ

ハギ