今年のキノコ

陸奥の旅をしていて「道の駅」に立ち寄ることは
休憩を兼ねて地元の海山物をチェックする楽しみもある。
「恐山訪問ツアー」の時は「象潟」で見つけた
「鰈の浜焼き」が美味しかった。
青森県では「嶽きみ」がどこにでも売っていて
その甘みには何時も驚いてしまう。

さて今回のツアーで驚いたのは各地の「道の駅」で
「マツタケ」と「香茸」が沢山売っていたことである。
いずれも「赤松林」が生育条件となっているので
魚沼ではなかなかお目にかかれないキノコである。
昨年訪れた「葛巻」と「八戸」の間くらいにある
「九戸」の道の駅では
マツタケと香茸が並べて売っていていずれも
2000円から4000円の価格が付けられていたが
マツタケは多少なりとも過去に味わったこともあるので
思い切って「香茸」を買うことにした。

「香茸」は別名「シシタケ」と呼ばれていたりするが
厳密には違うものらしい。
買ってすぐに包装されていたビニールを剥がし
荷物の上に広げて置いたらその濃厚な香りが
車の中に充満して驚いた。
乾燥して保存、調理するのがベストと「道の駅」で
話した地元の古老が云っていたので
帰宅してからも天日で干し上げた。
(香りはより濃くなった)
そして本日一番小さな一本を戻してから
「混ぜご飯」に仕上げた。旨い・・・・・

TVのニュースで長野県でキノコ採りに出かけた
地元の老人たちがいろんな形で遭難するのを
観ていたら、やはり今年はキノコが豊作なのだと思った。
日本中、異常気象(雨が多かった)のせいで
マツタケが豊作、では魚沼のキノコはと思っていたら
知り合いがクルミ拾いの際に見つけた「アマンダレ」が
凄かったという話を聴いた翌日にやはり庭の片隅に出ている
キノコの認定を頼まれて見に行ったらやはり「あまんだれ」
ものの10分ほどで箱に2つも採れた。

笠の色が白に近い「ナラタケモドキ」

笠の色が白に近い「ナラタケモドキ」

翌日は里山の裾野を彷徨ってみたら
程よい(やや遅い感じもするが)ものがやはりひと山採れた。
早生の「あまんだれ」がこれだったらこれから深山の
ナメコなども豊作なのではとニヤリとしてしまう。

木の切り株にこんな感じで出ている

木の切り株にこんな感じで出ている