月別アーカイブ: 2019年2月

季節は移ろう・・・

2月19日の24節季「雨水」はまさに季語どおり
雪を融かす雨が降り続いた。
「暖冬小雪」の予報がピタリと当たって
穏やかな日々を過ごしてしたら
昨年に約束をしていた「新しい板」でスキーをする事を
思い出してネット検索・・・

例年、屋根の雪下ろしや除雪作業が無くなる頃を
シーズン開始としてスキーを履き始める。
昨年は妙高高原で現役のスキー教師から滑りを
見てもらって左回りの回転不足を指摘された。
スキー板が回り切らないうちに強引に腰で
回しているとのことで何度やってもクセが抜けず
新しい板で挑戦することにしていた。

思えば我流で覚えた30年以上前のスキー術で
板は180cmもあって回転するのが大変だった。
今はカービングからオフピステ用の幅広の板が主流
長さも身長よりも身近な板で滑っている人が多い。
そこで選んだのが「ロッカー板」、
テール部分が反っていて回転が簡単だと云う
果たして・・・

新調したVOLKLのロッカー板

新調したVOLKLのロッカー板

22日は朝から天気が良く
午前中の所用を終えてから近くのゲレンデへ・・・
4時間券を購入したけれども2時間も滑ったらお腹一杯・・・
新しい(と云っても中古)板はそれなりに履き熟した。
前の安いカービングよりも確かに回転性能は良いが
スピードを出すとトップのブレが気になり
やはり交差しそうになった。
まあ、自分の脚力が無いから抑えられないのであって
練習しなくてはならない。

晴れ渡った八海山麓スキー場

晴れ渡った八海山麓スキー場

三山が間近に見える

三山が間近に見える

これからは残雪の山歩きもあるが
シーズン終了を迎えるスキー場を探しながら
陸奥へのスキー行脚も楽しみだ。(もちろん温泉も目当て)
viva ski

嵐の前の静かさ

立春を終えて穏やかな日が続いていたら
明日から1週間遅れの「立春寒波」が訪れるらしい。
それも北海道では相当な低温を伴う寒気団が
シベリアから流れてくるという。

さて魚沼は降雪はさほど無いにしても
かなりの悪天候になろのだろう・・・・
そんな前日にスッポリと好天が訪れたので
買い物ついでに散歩、
三山方面方面はやや霞んでいるものの
権現方面はかなり晴れている。
明日からどんな天気になるのやら・・・・

三山方面は薄雲

三山方面は薄雲

権現堂山はスッキリしている

権現堂山はスッキリしている

晴れたので大力山詣で

そんな訳で恒例の「大力山」詣で
何時もの通り8時半に家を出て駐車スペースへ
今、まさに出発準備中の新潟NOの車の人達が居たが
すでに殆どの準備を終えている我らが先に出発する。

トレースは明確に付いて居るのだが
昨日の雨のせいか、それとも冷え方が足りないのか
ややグサグサした雪道で「秋葉神社」にて
カンジキを履くことにした。

風が無いので零度ほどの気温とは云え
歩き始めれば汗ばんでくる。
先頭を歩くS氏に遅れないようにするのだが
少し運動不足の体は悲鳴を上げていた。
それでも何時もの様に休憩なしで到着する。

休憩舎の屋根と地面が繋がった

休憩舎の屋根と地面が繋がった

八海山遠望

八海山遠望

休憩舎の中は綺麗に除雪してあったが
陽が射しこまないので寒そうだったから
せっかくし持参したスコップで
雪の椅子と足元を広くして
簡単な珈琲飲み場を作った。

穏やかな日差しを浴びながら頂く珈琲は旨い。
やがて後続の人達が続々登ってくるので
下山の用意をして歩き出すと常連の人達とスライド、
やはり天気が良ければ皆さん登りたくなるのだろう。

出遅れたR太郎氏ともスライド、
何時もに比べたらのんびりしたせいか
帰宅したら11時を過ぎていた。