運動不足解消・クロハゲ散歩

町内のS氏を誘って「大力山」経由で
「クロハゲ」まで歩く。
1週間前から残雪の融雪速度が速まっていて
「大力山」の8合目までの登山道には
ほとんど雪が無くなっっていた。

何時もであれば珈琲休憩して折り返す「休憩舎」で
少しばかり給水しただけですぐに「クロハゲ」方面へ急ぐ。
駐車スペースに車が停まっていなかったのに
先行している単独登山者の足跡が残雪に刻まれている
恐らく干溝在住の健脚者O平君かな?

早くもブナなどの新芽が芽吹いている

早くもブナなどの新芽が芽吹いている

マンサクが満開

マンサクが満開

気温も適度、足元もそれなりに快適で
グイグイと標高を上げてゆく。
尾根道に出た所で再び給水をしながら
八海山の雄姿や遠くに見える妙高の山々に想いを馳せる。

まだ雪がたっぷりの八海山

まだ雪がたっぷりの八海山

妙高山方面

妙高山方面

大力山を過ぎてから1時間半ほどで「クロハゲ」到着、
山頂部は丁度雪が無くなっていてシートを敷いて
珈琲タイムとなった。
先行していた人影が「笠倉山」の山頂部に見受けられる、
相当な健脚者だから帰りには追いつけられるかなと思ったが
追いつけられなかったから鳴倉方面に周回したのだろう。
大力山に戻る途中で単独の男性に出会う。
以前に何回かあったことのある人でご挨拶を交わす。

こんな残雪歩きが楽しい

こんな残雪歩きが楽しい

7時すぎに出発したのに下山した時には
正午を過ぎていた。
鈍っていた体に少しはカツが入ったか・・・