本沢温泉から硫黄岳往復(2)

未明に激しい雨音で眼が覚めたので
一度起きてトイレに立った。
それ以降は熟睡できなかったが雨は3時すぎに
小康状態になって4時に起きてスマホを確認したら
諏訪側も小海側も一応「晴れ」予想に変わっていた。
5時には朝食の用意をして「乾燥室」へ向かう、
ここが自炊室(火器を使って調理しても良い)兼用で
テーブルもあったのでN島氏がGASで湯を沸かして
小生はスープや山頂で飲む予定の珈琲用の
熱湯をサーモスに入れたりしながら
持参したパンなどをお腹に入れた。

6時過ぎに一部の荷物を小屋に預かってもらって
雨あがりの登山道を歩き始めた。
すぐに「野天風呂」の案内看板があったが
昨日の雨、さらに登る前に湯に入るのは躊躇われ
野天への分岐道を横目にしながら高度を稼ぐ、
「夏沢峠」までの登山道は急斜面に付けられた
つづれ折りの歩き易い立派なもので
なんなく夏沢峠にある「やまびこ荘」の前に飛び出した。
途中から風と共に小雨が降りだしたので
気持ちを入れ替えて尾根道を「硫黄岳」に向かう。

視界ゼロの山頂

視界ゼロの山頂

思ったほどガレ場歩きは困難ではなく
「天狗岳」に比べれば岩の大きさも小さく
不調の小生の足と腰にはやさしかった。
やはり案内どおり「夏沢峠」からは小一時間で
広い山頂部に着いたのだが視界は全くなく
横殴りの風が強いのでグローブをした手が
かじかむほどの寒さである(体感温度は5度くらいかな)
長居は無用ということで後続のグループの人達に
頼んで記念写真を撮ったあとは速攻で下山開始。
途中で昨夜小屋で一緒だったメンバーともスライド、
皆さん悪天候だと寡黙になって挨拶の声もなぜか弱弱しい。
「夏沢峠」ではまたひとしきり雨足が強くなったが
樹林帯に入ると風は感じなくなり「野天風呂」が
近づいた頃には雨が止み絶好のタイミングであった。

足元には野天風呂が

足元には蓋をされた野天風呂が

最高の気分

最高の気分

用意した防水シートを広げ、ザックを下して靴を脱ぐ、
さらには衣類を脱いでスッポンポンの姿で
湯船に被せてある木の板を外してドボン・・・
湯加減も硫黄泉の白濁した泉質も最高。
何枚も記念写真を遠慮なく撮りまくり
かなりの時間を過ごしたのだが
これから車の停めてある登山口まで1時間ほど
歩かねばならないので無念の思いで重い腰を上げた。
肌に浸み込んだ硫黄の匂に快さを感じ乍ら歩き
「本沢温泉」で預けてあった荷物を受け取ってから
休憩時間だった「T野君」も加わって東屋で
山頂で飲めなかった珈琲を淹れて小休止。

下山前に記念写真

下山前に記念写真

次回は下界の彼が住む湘南の海に面した自宅で
会う約束などして堅い握手を交わす。
時折降りだした雨のなか、
それでも下山路である安ど感も手伝ってか
下界で食べる暖かな汁物のお昼の話題になって
車のところに辿り着いたとたんに雨脚が強くなった。
遅い下山であれば佐久あたりでもう一泊とも考えていたが
松原湖の小高い丘にできた温泉施設の食堂で
昼食を食べたあとに中央道に向かうN島氏と
信越道で魚沼に帰る小生は町営駐車場で別れた。