漸く晴れた日が続いたので大力山周回へ

マイナス6度の朝は雪解けの水たまりが凍っている。
所謂ブラックアイスバーンが玄関先に広がっていて
車庫のシャッターを開けるときに滑りそうで怖いが
ヨチヨチ歩きで車に滑り込む。

今回も8時には駐車スペースへ、
前を走っていたレガシイも同じところに停まって
単独行の男性が用意を始めた。
今回は登山靴にスノーシューを履いて周回をしようと
思っていたので靴を履き替えたりして出発に手間取っている間に
その男性は出発して行った。

薄手のシャツ2枚とフリース・ベストで歩き始めたが
やはり零下の朝といえばそれなりに寒く
特にグローブをしている手の指先がジンジンする。
上半身はすぐに温まって胸元を開けてベンチレーション
を意識して快調に歩き始めた。

下の舟窪あたりで単独男性に追いついて先行する。
昨日は相当の人数が歩いたのだろう、
スノーシューは不要で登山靴の下でビシビシと締った雪が
音を出してグリップも強い。
丁度50分ほどで休憩舎に着いた。

クロハゲに向かって先行する単独行男性

クロハゲに向かって先行する単独行男性

テルモスの日本茶を飲んでいる間に単独男性も到着、
「何時もこの中で珈琲飲んでる人だよね?」と聞かれたので
今日は平日なので相方も居ないし珈琲は省略ですと答える。
彼は「クロハゲ」まで行くつもりで早めに出発したらしい、
そそくさと分岐に向かって歩き始めたので小生も
久しぶりのスノーシューに足を入れて後を追った。

凍み渡り状態の尾根歩き

凍み渡り状態の尾根歩き

適宜に凍った雪面にスノーシューの爪が食い込み
ギシギシと乾いた音を立てている。
分岐付近で「クロハゲ」への尾根を歩き始めた
単独行の男性をカメラに納めて周回コースに向かって
緩い斜面を下り始めた。

尾根の先端に到着した男性

尾根の先端に到着した男性

快適な縦走路

快適な縦走路

この時期は尾根に近い藪から全層雪崩が起きる

この時期は尾根に近い藪から全層雪崩が起きる

このコースは一人旅することが多い、
ラッセルのこともあるし快適な「凍み渡り」状態の時もある。
もう少し暖かければ途中で珈琲を沸かしてのんびりするのも
良いのだが今日はやや急ぎ旅なので休憩なしで
最後の斜面を登り切って城山トンネルの上に向かって
下降体制に入った。
左の杉林に回り込むコースにトレースが出来ていたが
やや手前の斜面をトラバースしてなるべく緩めの
コースどりをしながら橋の手前の車道ポイントに出た。
駐車スペースには4台ほどの車が増えている、
良い天気だものなぁ・・・

放射冷却の朝、いざ大力山詣で

漸く「雨水」を過ぎたあたりから雪の降り方が弱まった。
2日続いた晴れ間の出た平日の初日は
きっと大勢の人達が「大力山」に向かったのだろう。
小生は雑用があったので2日目の金曜日の8時、
結構冷え込んだ朝のバリバリ道路を登山口に向かったが
その時間には1台の車も停まっていなかった。

一応スノーシューも車に積んだのだが
結局スパイク長靴に履き替えて出発する。
今日は新調した「腹巻」を着用しているので
心なしか暖かい気がするが、真の目的は
「汗冷え」予防の為に購入した一品。
零下の里山歩きでも1時間ほどの歩行で
シャツがぐっしょりになるほど濡れるし
休憩時には着替えないと「汗冷え」で
寒い思いをしたので「モンベル製品」を購入した。

なかなか陽が射さない

なかなか陽が射さない

「秋葉神社」で何時もどおりの帽子から手ぬぐい鉢巻き、
上着を脱いで長袖のシャツ2枚の軽装に。
気温はマイナス3度ほどだが汗ばんできた。
期待した太陽はまだ雲の陰であるが
昨日多くの人が歩いたトレースを辿るだけなので
ほとんどストレス無しに快適に歩く。
最後の急斜面で振り返ると2パーティーほどの姿が
歩いているのが見受けられた。

ハナコさんは雲のかかっている

ハナコさんには雲がかかっている

歩きながら聴いていたFⅯ放送で
新潟市内が吹雪いていることを知ったので
北西方面の雲が気になったが八海山方面から
広がっている雲も日光を遮っている。
暖かかったらのんびりしようと思ったが
早々に退却することにして
休憩舎前の踏み固められた場所で
立ったまま珈琲と日本茶を飲みながら
「ドラヤキ」を食べてすぐに下山にとりかかる。

休憩舎はほぼ埋まっている

休憩舎はほぼ埋まっている

魚沼の里はまだ深い雪の下

魚沼の里はまだ深い雪の下

5合目付近で顔見知りのご婦人2人組、
単独の男性とスライドし、
さらに「秋葉神社」を出たあたりでスキーを履いた人と
スノーシューの男性ともスライド。
登山口付近では長靴スタイルの高齢男女とも出会う。
平日の晴れた日は皆さんやはり里山へ足が向くようだ。
10時には帰宅して快い疲労感を味わいながら
薪ストーブの前で寛いだ。

何時まで続く豪雪の日々

遂に累積の積雪が1階部分を越えてしまった。
雪国の住居が高床式になってきたのは近年であるが
拙宅はログハウスという制約で高床部分が低くなっており
(建築当時のログハウスの高さ制限で高床部分が低く抑えられた)
裏側の自然落雪式の屋根から落ちる雪がすぐに溜まってしまう。
すでに4回ほどその雪を積み上げているのだが
この数日は屋根の庇と溜まった雪が同じ高さになってしまったので
家を掘り出している状況である。
スコップで雪の壁の上にほおり上げることになった。
この数日の積雪状態で、完全に雪の壁に囲まれた(まさに雪掘り)

テラスから見た道路側の雪壁は5mはある、後方は八海山

テラスから見た道路側の雪壁は5mはある、後方は八海山

玄関側は屋根に雪止めがあり「雪下ろし」をする為
その都度下した雪をいろんな方法で融雪しているから
一応排雪処理がコントロールが可能なのだが
これも結構な労働である。

玄関側の雪下ろし後のマーターホーン

玄関側の雪下ろし後のマーターホーン

横から見たテラス

横から見たテラス

敷地に余裕のある家では(井戸を掘って地下水が出る環境であることが条件で)
地下水を家の周りに流している家や屋根に水を上げて流してみたり、
ボイラーで温めた温水を屋根裏に引廻して
融雪したりしているがランニングコストが高価であるし
ボイラーが経年で故障したりで大変そうだ。
また昔からこの地に建てられている家では
流水を池に溜めたり水路などが近くにある場合は
雪の捨て場所がすこぶる便利な環境を有している。

拙宅に接続する道路には「消雪パイプ」なる融雪システムがあるのだが
近年は地下水の枯渇で雪の日が続くと
ほとんど水が出ないので
地熱(地面から放出される自然の熱量)に頼って
雪を地面にばら撒いて融かす方法に頼っている。
これがけっこう重労働で「足腰の鍛錬」には良いという
自分自身への慰めで日常のルーチンワークにしている。

こんな感じで雪をばら撒く

こんな感じで雪をばら撒く

周りには家庭用の除雪機を持っている家が増えてきたが
その雪を飛ばす土地が無いしコストを考えると
人力での除雪作業がベストと思われる。
(但し体力・気力が維持できる年齢に限界あり)

晴れ間をねらって雪下ろしをした。
午前中は自宅、午後は須原の小屋を行う。
須原ではゲレンデが見えるしスキー場の音楽が聞こえるのだが
全くスキーを履く気力が湧いてこない。
晴れ間が続けばゲレンデに向かう気持ちも出るのだろうけれども
(年齢ということもあるのかもしれないが・・・)

自宅の屋根は6回目の雪下ろし

自宅の屋根は6回目の雪下ろし

少しスッキリした屋根と薪ストーブの煙

少しスッキリした屋根と薪ストーブの煙

山小屋の雪下ろしの前準備

山小屋の雪下ろしの前準備

どん詰りの道路に落とした雪塊

どん詰りの道路に落とした雪塊

有朋自遠方来 不亦楽乎

友遠方より来る、また楽しからずや(論語より)
3泊4日の予定で山の仲間が「須原の小屋」で
過ごしたいと訪問したのでお付き合いをした。

事前にワインをお取り寄せし、JAZZのCDも用意した。
「ワインとJAZZ」の日々を過ごそうというわけで
特に今回はフランスはブルゴーニュのシャブリと
ボルドーの赤、それにいつも飲んでいるスペインの赤、
チリの赤、到来物のドイツの白が勢ぞろい。

アヒージョ

アヒージョ

ドライなシャブリ

ドライなシャブリ

猪のハツも赤ワインで熟成

猪のハツも赤ワインで熟成

やはりシャブリ(白)には海鮮ものということで
蛸と牡蠣の入った「アヒージョ」がメイン・ディシュ、
さらにドイツのワインと一緒に到来したソーセージなども並ぶ。
興が乗ってきたら赤を開けて猪の心臓(ハツ)を喰らう。

まだ素人の友はカンジキがすぐに外れる

まだ素人の友はカンジキがすぐに外れる

快適に雪を蹴散らせて下る

快適に雪を蹴散らせて下る

小屋の屋根の雪も心配になって先回2mの積雪を下したばかりなのに
さらにその後の2日ほどで積もった1mの雪も2人で下した。
大力山のラッセル登山で汗を流そうと晴れ間が見えたので
彼にずいぶん前に寄贈したカンジキを持って歩いた。
山の天気は気まぐれで休憩舎付近で雪がチラチラ舞ってきたので
速攻で下山、「駒見の湯」にて汗を流して2日目の宴会。

3日目も晴れ間が見えたので今度は一度自宅に戻って
裏の山になった屋根からの落下雪を除雪する作業を
手伝ってもらってから「一から畑」の蕎麦を買いに行き
自宅にて旨い蕎麦を手繰る。

夜は最後の晩餐ということで市販のピザに追加トッピングで
オーブンで焼いてビールや赤ワインを飲み
猪のモモ肉のワイン漬けをコンロで焼きながらさらにワインボトルが空いた。

お取り寄せワインの空き瓶

お取り寄せワインの空き瓶

晴れたら「大力山詣で」

予報では朝から晴れるというので
濃い霧が晴れるのを待ちながらも
8時半という定刻に家を出て駐車スペースに向かった。
すでに3台の車、見覚えのある車が1台いた、
到着時に歩き始めた男性が1人いたので
数分遅れて後を追うことになった。

本日の足元はスパイク長靴、
ザックには「かんじき」を括り付けた。
先行者もワカンとツボ足さらにはスノーシューの跡も見られる。
まあ、昨日も多くの人が登ったようでトレースは濃い
本日はツボ足でも問題なく歩けると踏んでいたが
歩き始めたらやや薄着で来たのに汗ばんでくる
それなりに運動量が多いのだろうか・・・
途中で見覚えのある車の持ち主、O嶋氏と出会う。
久しぶりなので少しばかりお互いの近況報告した後に別れた。

まだ全てが埋もれていない休憩舎

まだ全てが埋もれていない休憩舎

ほぼ休むことなく歩き続けて50分ほどで休憩舎に到着した。
吹込んだ雪をスコップで払い除けて
訪問ノートに記載した後に汗まみれのシャツを着替える。
立ったままテルモスの日本茶を飲み
チョコを一欠けら口にしてから早々に下山。

霧氷1

霧氷1

霧氷2

霧氷2

霧氷3

霧氷3

O嶋氏を含めて先行者は4名、下山時にスライドした
人達は7名ほど居た。
その中には珍しくS太郎氏もおられて四方山話をする。
やはりあの大寒波の後の晴れ予報では
里山に足が向く人が多いという事なのだろう、
それが雪国で生き抜いてゆく山屋の性なのかしら・・・・
除雪作業で折れそうな心を里山歩きは癒してくれた。

やはり守門の雪は凄い

訪問することが怖くて避けていた
守門地区の須原にある小屋の屋根に上がる
決心がついてプロ同行のうえ出かけた。
まだ雪が降り続いていて朝から20cmの積雪があり
早朝の除雪車が作業を終えた後に行ったにも関わらず
未圧雪の道路を新雪を掻き分けて車が漸く小屋に着いた。

どう見ても2mはある屋根を見上げて恐怖に慄く、
しかしプロである知り合いはスノーダンプを肩にかけ
するすると鉄梯子を登り鉄則である足場を作り始めた。
暫く軒先の雪を落として広い場所を確保した後に
小生も登り始めたがさすがに深い雪に驚く。

スマホで撮った写真はピンボケだが2mの積雪はわかる

スマホで撮った写真はピンボケだが2mの積雪はわかる

作業の途中で休憩中の雪掘りプロ

作業の途中で休憩中の雪掘りプロ

「これじゃあ3段掘りだね」と涼しげに云う、
確かに1回のスノーダンプ作業で掬う雪の量的には
新雪部分の1mほどが適宜な量で、その下の硬い雪は重いので
50cmほど、さらにザラメ雪部分は最後に落とすという
工程で作業を続ける。
2人で1時間ほどかけて漸く綺麗に落とし終えたが
下に降りてみて落とした雪の量がすごかった。
これが除雪車が綺麗にしてくれなかったら
大変な作業が残っているのだが、
例年その作業は道路の「最奥部」にある特権で
除雪車が除去してくれるので好意に甘んじている。

2月1日は待ち望んだ太陽が姿を現し
自宅の屋根に残した雪を落とした後に再び須原に向かう。
先日は屋根から雪を落としただけで撤退したので
埋まった裏の給湯器の排気管を掘り出す作業と
玄関先の雪山を崩す作業、
さらに閉栓していいる水道の凍結状態をチェックする
そんなモロモロの役目が晴れると待っているわけである。

屋根から落とした雪で裏が埋まっている

屋根から落とした雪で裏が埋まっている

排気管を掘り出した

排気管を掘り出した

玄関先の山を半分ほど崩す

玄関先の山を半分ほど崩す

立春寒波が予測され、
2月3月も例年以上の寒い日が続く予報が出ているから
これから何度くらい屋根に登ることになるのだろうか。

何とか屋根の雪下ろしを終えた

雪が止み太陽が顔を見せたので屋根に登ってみた。
積雪は1mほどなのだが軒先に向かって押されてきた
雪がプラス30cmほどになっていた。
薪ストーブの煙突がほとんど埋もれていて驚き、
あまりの雪の深さに闘争心が萎えた。
午前中は軒先から屋根のトップに向かって1/3ほどを
下に落としてからその雪を道路に撒いたり
ちょろちょろ流れる水路に投げ込んだりして
なんとか終えて疲労困憊で昼食を迎えた。

煙突の高さは1.5m もう少しで埋まってしまう。

煙突の高さは1.5m、もう少しで埋まってしまう。

午後からは気温もやや上昇してきたので
さらに残りの2/3も落とし始めたのだが
トップに近い半分は残してしまった。
屋根から落としても融かす方法がないからである。
数日かけて地道に落としながら消してゆくしかないだろう、
さて一夜明けたらまた雪がちらつき
相変わらず零下の日々が続いている。
太陽が恋しい・・・

何時まで続く大寒波

ほとんど降りやむことの無い細かい雪、
零下の日が続いて心が折れそうな日々である。
過去にも何度かこんな降雪が連続する年があったが
あの頃は結構テンションが高くなって
体力・気力があったから乗り切れた。
「いずれ雪は止む」という信念のもとで
毎日除雪作業に精を出してそういえば体重が5kほど
減ってしまったこともあった。
この数年は気力が減退してきたのか
掛け声を出さないと重い腰が上がらない。
雪国で生活する悲哀かな・・・・

未曾有の寒波はシベリア方面から数珠玉のように
順序良く日本列島に南下してきている。
今夜が峠で明日は少し止みそうだから
そのタイミングで屋根に上がるしかない。
予報では節分の頃にもっと凄い寒波が来そうなので
今のうちにある程度家の周りの雪を融かしておかないと
大変なことになるから
当分は山とかスキーどころでは無い。

ベランダで作業中にフライヤーが通った。

ベランダで作業中にフライヤーが通った。

力強く溜まった雪を遠くへ飛ばしている。

力強く溜まった雪を遠くへ飛ばしている。

怒涛の大寒波来襲

24時間に1mの降雪は結構な雪だった、
1時間に10cmの積雪だと3時間おきに
車庫前を綺麗にしないと後に大変なことになる。
50cmも積もるとスノーダンプ作業もたいへんだけど
消雪パイプの水も枯渇しそうだし
水路の水もちょろちょろだから
こまめに融かして雪を溜めないことが基本である。

気温もマイナス以下の日が続いて雪はサラサラだけど
あまりに低温だと金属のスコップやスノーダンプに
雪が張り付いて大変(WAXもすぐに劣化するし)・・・
ニュースでは数年に一度の寒波ということを
どこのチャンネルでも伝えている。

テラスの床も吹込んだ雪で凍っている

テラスの床も吹込んだ雪で凍っている

自宅前の圧雪道路と積雪のバロメータになっている小屋の屋根(70cmかな)

自宅前の圧雪道路と積雪のバロメータになっている小屋の屋根(70cmかな)

自宅前の道路は完璧に圧雪状態でさらに凍結している。
市道・県道の交差点付近はつるつるしていたり
中途半端に融けているとボコボコな状態で
こんな日は不要な車の運転をしないことが基本なわけで
雪道に慣れた魚沼の人でも事故を起こしかねないから
この数日は家にある食材で3食の食事を済ませて
冬ごもりをしてひたすら除雪作業に精を出すことになる。

この寒波が去ったら屋根に上がらねばなるまい。
ひと冬4回は例年ならば普通だけども、
それが1月中に訪れるなんて想定外なので
あと2ケ月で何度屋根に登ることになるのか・・・・
シベリアの寒気とラニーニャの影響で2、3月も
それなりに降雪がありそうだから覚悟しなくてはなるまい。
まあ、山屋として残雪山行の為にはある程度の雪は必要だけど
一時的に沢山降るのはもうお腹いっぱい・・・

大寒・凍み渡り

朝の4時、朝刊を取りにテラスに出た時に
感じなかった冷気が6時にはさらに2、3度
低くなったようである。
「大寒」の20日、相方のS氏が同行しないので
久しぶりの単独での「大力山詣で」である。

7:30に自宅を出て駐車スペースへ、まだ1台も車は居ない。
スパイク長靴のみでカンジキもスノーシューも
持たない「凍み渡り」スタイルで登ることにした。
予想通り数日前から続いていた雨で圧雪された雪が
今朝の放射冷却で完璧に凍っていたから
トレースを外れてもツボ足で自由に歩ける。

秋葉神社はまだ朝日が射しこんでいない

秋葉神社はまだ朝日が射しこんでいない

市街地が輝く

市街地が輝く

権現堂方面も輝く

権現堂方面も輝く

鳴倉方面も・・

鳴倉方面も・・

秋葉神社で上着とウールの帽子を脱いで
何時ものセーターと手ぬぐい被りで体温調節。
マイナス5度でも体を動かせば汗ばんでくる。
朝日が漸く斜面に差し込んでくる時間帯だから
何ともいえない風景が目の前に広がる。

至る所に踏み抜いたトラップ跡が

至る所に踏み抜いたトラップ跡が

最後の急斜面で漸く朝日が届く

最後の急斜面で漸く朝日が届く

「休憩舎」には入らずに
先週の市民登山で作られた雪のテーブル脇に
ザックを下してお茶タイム。
太陽の暖かい日差しが背中を温めてくれるのを
楽しみながら関東に住む「山友」にLINE写真送る。

少し小さめのザックで登った

少し小さめのザックで登った

短足でも「あしなが伯父さん」の影

短足でも「あしなが伯父さん」の影

9時前ではまだ誰も登ってこないが
雪が緩む前にと下山に取り掛かる。
途中で数人の登山客、知り合いのご婦人方、
アイゼン装着のおじさんコンビなどとスライドする。

駐車スペースは満車状態で
Y字路の角に漸く車を停めた「里山さん」と
暫く談笑をしてから帰宅。