沖縄への旅(2)

沖縄での宿泊はツーア会社から指定された複数のホテルから
選択出来たのだがいずれも食事なしにしてあった。
朝は早くから出発して移動することにしていたし
夜は外部の飲食店でいろんな料理を味わう事も
旅の目的の一つでもあったからである。
2日目は一気に北上して沖縄の最北端である
「辺戸岬」まで走る予定をしていたので6時過ぎには
ホテルを出て高速を利用して名護市付近までは1時間半ほどで
着いてしまい、ここからは一般道になるのわけだが
都市部に比べると交通量は圧倒的に少なくて
ずーと左手に海を見ながらのロングドライブとなった。

辺戸岬から見る大石林山方面

辺戸岬から見る大石林山方面

「辺戸岬」に到着して珈琲でも飲もうと思ったが
まだ10時前で唯一の観光案内所に併設されたカフェも
閉まっており数組の観光客が岬あたりをウロウロしているのみ。
それでも海の色はさすがに透明度が高く
打ち寄せる南海の波が岩に当たって砕ける様を暫く見とれていた。
島の北部全体が「やんばる国立公園」となっているようで
「大石林山」という奇岩が林立する公園に立ち寄る事にしていた。
「辺戸岬」から見える岩山の麓あたりかなと思っていたら
車で数分の場所であったことからも大当たりであった。
麓の駐車場からマイクロバスで公園の中腹まで送ってもらい
そこから奇岩の林立するコースを周回し、さらに下山路は
マイクロに頼らずに徒歩で駐車場まで戻ることにした。
里山歩きで歩くのに比べたら楽なもので
陽射しが強いもののそのほとんどが緑のトンネルの中を
歩く事ができて運動不足解消のひと時であった。

大石林山の奇岩群

大石林山の奇岩群

ガジュマルの群落

ガジュマルの群落

さて帰路は元来た道を戻るしかないのだが
どうしても「沖縄そば」を食べたいわけで、
(昨日の糸満市で食べたソーキそばに少し不満)
日頃の感を効かせて途中の道の駅に併設された
小さな食堂に入ってメニューを見て
2人とも「名護そば」を注文、トッピングされた
肉はラフティではなく「猪豚」であったが
鰹だしの効いた塩味のさっぱり感が実に旨い。
スープまで全部飲んで完食!!

さて次は「古宇利島」まで渡りたいとの家人の
希望を取り入れて本島から橋を渡って小さな島に渡る
本当に渡ったのみですぐに引き返したが
沖縄には本島付近に幾つもの小さな島があって
そこまでは橋で繋がっているわけで
瀬戸内海に比べると実に便利なものである。

今帰仁城の城壁

今帰仁城の城壁

この曲線が素晴らしい

この曲線が素晴らしい

さて次は「今帰仁城」である。
ここの石積みの城跡が素晴らしいということで
たまたま入場料を購入した時に無料の案内をする人が
在席していたこともあって案内を乞うた。
この方の説明が実に適切で小生が時折思い出したように
いろんな質問をしても丁寧に答えてくれた。
まさに今回の沖縄訪問に於ける生の知識をこの方の
説明の中からそのほとんどを得た。
本土の城壁の石積みに比べると石の大きさは異なるけれども
その描かれた曲線美は島内の幾つかの城(ウタキ)全てに
共通するものであった。

2泊目は名護市にあるリゾ-トホテル群から離れた
少しランクが落ちたホテルであったが
どうせ泊まるだけだし、むしろ付近にある居酒屋の数の方が
魅力的であったが果たして第一目標の店は定休日で
ホテルの隣にあった居酒屋に開店すぐの時刻に入店、
ビールと泡盛でモズクの天麩羅や島豆腐などを楽しむ。

沖縄への旅(1)

家人の希望により南の島へ旅することになり
久しぶりに羽田から飛行機に乗った。
朝早いフライトだったので夜行バスで新宿に向かい
予想よりも早めのチェックインができて
余裕で7時すぎの便で那覇に飛び立った。

沖縄の地は初めてでもあるし、
10連休の終わった観光地がどのような
雰囲気なのかもやや心配であったが
(つまり現地が連休疲れでサービス低下?)
しかしツアー料金やホテルもGWが終わると
一斉に格安になったせいか
時間のある爺婆が空港中に溢れていた。
空港付近は土地が無いのかレンンタカーの
全ての会社が10分ほど離れた営業所へ
送迎マイクロでピストン送迎していた。

予約した車はハイブリット車にした。
全島北から南までくまなく回る予定なので
燃料費の事を心配したのだが、思ったよりも
GASの価格が安いし高速も安かった。
まず向かったのが家人が主なる沖縄訪問の目的とした
「ひめゆりの塔」と「平和祈念公園」への慰霊。
驚いたのが中高生の修学旅行の団体が多かった事、
生徒たちの心の中は覗けないが慰霊の地に
導いた学校の意気込みを感じた。

ひめゆりの塔、記念碑の下に壕がある

ひめゆりの塔、記念碑の下に壕がある

沖縄戦で亡くなった墓碑が並ぶ平和祈念公園

沖縄戦で亡くなった墓碑が並ぶ平和祈念公園

MAPでみる沖縄南部の距離感が把握できなかったが
少し走ってみたら感覚が掴めてきたので
最終日に残しておいた「斎場御嶽」(セーファウタキ)まで行くことにする。
「斎場御嶽」等の沖縄の歴史的解説は後に回すことにして
何とも霊的な空間に迷い込んでしまったという感じがした。
地域全体は保護・管理されており観光化されているものの
沖縄というか琉球王国時代というか大和の国とは
少々異なる信仰の形をみたような気がした。

斎場御嶽のシンボリックな岩

斎場御嶽のシンボリックな岩

初日のホテルにチェックインすると
併設されている温泉施設にまずは浸かりに行って
その後は「沖縄民謡ライブ」をやっている
酒場で生ビールと定番の「ゴーヤチャンプル」や
「シマラッキョウ」「ミミガー」などを味わった後に
「屋台村」へ流れていった。
そこで泡盛を飲みながら雑多なアテを喰らいながら
深け行く沖縄の夜を楽しんだ。

怒涛の10連休

とは云っても毎日が日曜日の爺にとっては
須原の小屋に来る訪問者の接待で多忙なだけ、
GW前から山友が訪問したが生憎の天気で
山には登れずに山菜採りと明るいうちからの宴会三昧。

それでも前半の晴れ間を狙って
何時ものメンバーに加えて神奈川から来た
友人も参加しての「下権現山」散歩。
そして温泉に入ってから、やはり早めの宴会となり
お決まりのギター演奏と懐かしのフォーク歌謡。

お次は数十年来の友人が訪問、
主目的は小生が再び開局した「アマ無線」の機器に関する
指導と山菜採り・宴会。
共通の先輩である喜多方の地に眠る山の師匠の墓参り、
山菜採り、寺泊まで出掛けて地魚の購入など
昔話に花を咲かせて次回は無線の世界で会話する約束をして
埼玉に帰っていった。

さらには神奈川から来た山友の中学時代の同級生が
葉山から110ccのスーパー・カブにて10時間かけて
やって来たのには驚いた。
まあ、ユニークな人で何となく気持ちが通じたので
次回は彼がアルバイトをする山小屋で会うか
台湾にご一緒するか、夢はふくらんでゆく。

さて連休後半は銀山平からヘルプの電話があり、
急遽パソコンのトラブル対応。
果たしてまだ銀山平は深い雪の中であった。
季節が1ケ月前に戻った感じ

運動不足解消・クロハゲ散歩

町内のS氏を誘って「大力山」経由で
「クロハゲ」まで歩く。
1週間前から残雪の融雪速度が速まっていて
「大力山」の8合目までの登山道には
ほとんど雪が無くなっっていた。

何時もであれば珈琲休憩して折り返す「休憩舎」で
少しばかり給水しただけですぐに「クロハゲ」方面へ急ぐ。
駐車スペースに車が停まっていなかったのに
先行している単独登山者の足跡が残雪に刻まれている
恐らく干溝在住の健脚者O平君かな?

早くもブナなどの新芽が芽吹いている

早くもブナなどの新芽が芽吹いている

マンサクが満開

マンサクが満開

気温も適度、足元もそれなりに快適で
グイグイと標高を上げてゆく。
尾根道に出た所で再び給水をしながら
八海山の雄姿や遠くに見える妙高の山々に想いを馳せる。

まだ雪がたっぷりの八海山

まだ雪がたっぷりの八海山

妙高山方面

妙高山方面

大力山を過ぎてから1時間半ほどで「クロハゲ」到着、
山頂部は丁度雪が無くなっていてシートを敷いて
珈琲タイムとなった。
先行していた人影が「笠倉山」の山頂部に見受けられる、
相当な健脚者だから帰りには追いつけられるかなと思ったが
追いつけられなかったから鳴倉方面に周回したのだろう。
大力山に戻る途中で単独の男性に出会う。
以前に何回かあったことのある人でご挨拶を交わす。

こんな残雪歩きが楽しい

こんな残雪歩きが楽しい

7時すぎに出発したのに下山した時には
正午を過ぎていた。
鈍っていた体に少しはカツが入ったか・・・

カタクリ群生地調査

気温が上昇する晴れた朝に
一本杉の斜面にあるカタクリの群生地に出掛けた。
響きの森公園の桜も咲き始め、「イズンゾウ」の池の手前にある
カタクリも咲き始めている。

キクザキ・イチゲ

キクザキ・イチゲ

ちょっとづつ色が違う

ちょっとづつ色が違う

ショウジョウバカマも 良い色が出ている

ショウジョウバカマも
良い色が出ている

一本杉で唯一咲いてるイワウチワ

一本杉で唯一咲いてるイワウチワ

昨秋に伐採したのだろう杉林の中の雑木が
綺麗に下草刈りされており
コシアブラの新芽を楽しみにしてた小生はややがっかり。
さて、カタクリ群生地はまたその生育範囲を広げて
イカリソウの花芽も大きく膨らんでいた。

丁度満開時期を迎えた 日当たりの良いカタクリ群生地

丁度満開時期を迎えた
日当たりの良いカタクリ群生地

暖かな陽射しのなかで花弁を反らしている

暖かな陽射しのなかで花弁を反らしている

春の伐採終了

「薪割りシンジケート」のボスから集合の連絡、
入広瀬の大木を伐採・運搬を行うと云う。
現地集合ということで久しぶりに
「寿和温泉」で待ち合わせ、
流石に入広瀬は季節が1ケ月ほど遅れており
まだ排雪作業のトラックが走り廻っている。

たった一本の木を倒すだけなのだが
伐採場所とその運び出しが大変なのだ。
棚田の脇に聳えた楓系の大木を倒すのだが
その前の段取りに30分ほどかけて足場の整備や
周りの雑木を切ったりして段取りが大変である。

棚田の主のような大木

棚田の主のような大木

本番は60cmの長尺チェーンソーを用意した
ボスがわずか5分ほどで倒して
その後の玉切りと道路までの運び出しが2時間ほど。
根元の太い部分は200kg超の重量で
軽トラ荷台が悲鳴を上げていた。

自宅に運んだ200k超のコロ

自宅に運んだ200k超のコロ

早速、薪割り機で割り始めた。

早速、薪割り機で割り始めた。


youtube・伐採動画

春・爛漫

時期外れの降雪になったりしたので
暫く遠ざかっていた「大力山」詣でをした。
7:30には駐車スペースには車が1台だけ停まっていたが
その持ち主とは途中でスライド、以前にもお会いした方で
どうやら同行したS氏とはネット仲間らしい。
秋葉神社までは雪もほとんど無く
早くもショウジョウバカマが咲き乱れている。

まさに春の花

まさに春の花

もうすぐ開花のイワウチワ

もうすぐ開花のイワウチワ

気温が上昇したらカタクリも開き始めた

気温が上昇したらカタクリも開き始めた

5合目付近でも雪がほとんど無く、
残っていた雪も朝の放射冷却でバリバリで堅い。
霜も降りたようで土の上には薄っすらと白い幕が・・・

上の舟窪を登るS氏

上の舟窪を登るS氏

9合目あたりはまだ残雪が

9合目あたりはまだ残雪が

9合目からはまだ雪がべったりと覆っている、
休憩舎のあたりは暖かな陽射しが射しこんで
恒例の珈琲を頂きながらの日向ぼっこ。

三山はまだたっぷりの雪が

三山はまだたっぷりの雪が

十分に休憩したので下山用意をして下り始めたら
続々と登ってくる人達と出会う。
R太郎氏は何時もよりも重装備で「クロハゲ」まで行くと云う
他にも顔見知りの人達と挨拶を交わしながら下山、
実に快適なひと時を過ごすことができた。

季節外れの降雪・4月なのに

まだ東京で働いていた若い頃に
4月に入ってから仲間と八方尾根にある
スキー場へ出掛けたことがあったが
そこで40cm超の降雪があって驚いたことがあった。
魚沼に住まいを得てからはこれほどの積雪(20cm越え)
は記憶がない、裏の畑では蕗の薹が採れたのに
芽吹いてきたアイネネギやアサズキがまた雪の下になった。
この春に伐採した桜の大木から取り分けた枝の
膨らんできた花芽が雪を被ってうらめしそうである。

ようやく降雪が終わり雪が落ちた桜の花芽

ようやく降雪が終わり雪が落ちた桜の花芽

バケツに挿した桜の枝でも蕾は膨らむ

バケツに挿した桜の枝でも蕾は膨らむ

この数日はすっかり冬に逆戻りした環境下で
屋内作業に徹することにした。
1年以上眠っていたタワー型のPC整備、
2TあるHDDを分割してWindows10をインストール、
現在のWin7とマルチブートする作業をする。
時期外れのWindows10セットアップであったがどうも使い辛い、
また当分塩漬けかな、もう1台の実働中のWin8が動いている限り・・・

それからSSDをネットで購入したので
以前にSSD化したノートPCから玉突きで移植して
今まで動いていた容量がやや多いSSDをタワーPCに
さらに玉突きで移植する。
(なにしろ電源投入してからの立ち上がりが早いの事と
ネット検索時のスピード感が違うので中毒気味だ)
高速のHDDといえどもSSDの速さには負けるから
大量のデータ処理をしなくなった小生にとっては
このサクサク感がたまらないわけである。

さらにヤフオクで見つけた「日本山岳名著全集」(全12巻)が
昨日届いた、1962年に「あかね書房」で発行されたものだが
当時の価格で1巻600円(今なら2000円するかな)
20歳代にお茶の水の古書店で3冊だけ見つけて購入、
内1巻は友人に貸して戻らず、手元には10,12と2巻だけ
残っていたのだが12巻揃って売っていたから思わずポチった。
時代と共にだいぶ紙焼けしているものの堪らなく嬉しい。
「晴登雨読」の生活をしている小生にとっては
本の存在は何よりの宝である。
これから老いて山を歩けなくなってからの楽しみでもある。

送られてきた全12巻

送られてきた全12巻

装丁の絵も良いな

装丁の絵も良いな

筑波山訪問

以前からY画伯に誘われていた「茨城県」訪問、
東京に住んでいる頃から近くて遠い山「筑波山」
に登る機会を長い間失っていたので
最近、「霞ケ浦」付近に転居した友人とも会いたかったし
降雪の心配が無くなった魚沼を留守にすることが
可能になったこともあってリ・スケジュールした。

3:50(高速の深夜割引範囲内)に小出ICイン
生アクビを噛み殺しながらY画伯の運転する車で
関東圏に向かった。
高崎からの「北関東道」は久しぶりに走ったが
前回はまだ全区間繋がっていなかったような気がする・・・
9時半に「霞ヶ浦」付近に住む旧い山仲間のS氏と
待ち合わせをしていたがたっぷりと時間があるということで
Y画伯の目的である「神社撮影」を数か所付き合う。

途中の神社で見た早咲きの桜

途中の神社で見た早咲きの桜

筑波山はどっしりと聳えている

筑波山はどっしりと聳えている

高速をかなり手前で降りたので一般道は朝の通勤ラッシュが
始まっていてY画伯の時間見積もりは狂い始めた。
それでも何とか約束の時間に間に合って数年ぶりに会った
S氏と再会の堅い握手を交わす。

立派な山門

立派な山門

「筑波山」は「ケーブルカー」と「ゴンドラ」が山頂まで
運行されている山なのだが一応「百名山」、
登山コースも幾つかあって我らはケーブルカーに平行して
付けられた「御幸ケ原コース」を登って
2つあるピークを経由した後に
「女体山」から「白雲橋コース」を下って
「筑波山神社」まで戻ることにしていた。

「筑波山神社」の境内横から登山道が始まるあたりは
どこにでもある御神体が山全体である形とおんなじ・・・
鬱蒼とした「杉」や「アカガシ」の林立する中を
やや歩幅が大きい石で作られた階段状の登山道をガシガシ歩く
時折隣接するケーブルカーの軌道からガガガーと音がするのが
興覚めであるが暑くも寒くもない絶好のコンディションで
歩くことができた。

倒れかかった大木を幼木が支えている珍しい風景

倒れかかった大木を幼木が支えている珍しい風景

山頂部に出るとケーブルで到着した観光客が沢山おり
2つのピークを急いで巡って陽だまりの空き地を探してから
早めのお昼にすることにした。
S氏が用意してくれた珍味のカップ麺をハフハフしながら
食べて久しぶりに自ら淹れる珈琲を楽しんだ。

男体山山頂部

男体山山頂部

女体山山頂部

女体山山頂部

アカガシの大木

アカガシの大木

途中で持病の膝を痛めたS氏の歩行を心配しながら
大きな石が連続する下山路を降りる。
手つかずの原生林は宗教的な制約もあってか大木の
「杉」や「アカガシ」がそのまま残っていたり
朽ちて倒れている姿がそこここに見られた。

陽射しを期待して・・・

雨と名残雪が続いた魚沼の昨今、
朝からガスが濃かったから晴れるかなと思い
町内のS氏を誘って大力山詣で
一応ワカン持参したけど2人ともスパイク長靴で
ほとんどぬからずに歩けた。

振り返ると雲海が・・・

振り返ると雲海が・・・

すでに3台ほどの車が居たのだが
途中で単独の男性が降りて来た。
えらく感激していたから「あの県外車かな」と
2人で話しながら歩いて居たら今度は3人とスライド。
さらに休憩舎ではS太郎氏が先行したS氏と談笑中、
すっかりご無沙汰していたので近況報告。
恒例の珈琲を飲んだ後に彼はクロハゲに向かったが
我らはお互いに所用があってすぐに下山。

9合目付近にある最初に咲くマンサク

9合目付近にある最初に咲くマンサク

暖かな陽射しが恋しい

暖かな陽射しが恋しい

途中で賑やかな地元のOG淑女とスライド
小生よりも先輩だからお元気な女性Gである。
期待した青空は少なく、「春は名のみ」といった
里山であったがマンサクが続々と咲き始めた。